ホーム > アルバム > OC1710 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番, 第6番(断章)/ピアノ協奏曲 WoO 4 (フェッター/ハンブルク響/ルジツカ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1710
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
編曲者
ニコラス・クック Nicholas Cook , ヘルマン・デシャント Hermann Dechant
アーティスト
ハンブルク交響楽団 Hamburg Symphony Orchestra , ゾフィー=マユコ・フェッター Sophie-Mayuko Vetter , ペーター・ルジツカ Peter Ruzicka

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番, 第6番(断章)/ピアノ協奏曲 WoO 4 (フェッター/ハンブルク響/ルジツカ)

BEETHOVEN, L. van: Piano Concertos Nos. 2 and 6 (fragment) / Piano Concerto, WoO 4 (S.-M. Vetter, Hamburg Symphony, Ruzicka)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1710

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第6番 ニ長調 Hess 15 (N. クック、H. デシャントによる補筆完成版)
1.

Piano Concerto No. 6 in D Major, Hess 15 (fragment, completed by N. Cook and H. Dechant)

録音: 25 and 28 February, 14 and 15 May 2019, Laeiszhalle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7412586
 
**:**
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op. 19

Piano Concerto No. 2 in B-Flat Major, Op. 19

録音: 25 and 28 February, 14 and 15 May 2019, Laeiszhalle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7412587
**:**
»  I. Allegro con brio
2.

-

**:**
»  II. Adagio
3.

-

**:**
»  III. Rondo: Molto allegro
4.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲 変ホ長調 WoO 4

Piano Concerto in E-Flat Major, WoO 4

録音: 25 and 28 February, 14 and 15 May 2019, Laeiszhalle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7412588
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Larghetto
6.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegretto
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
2020年の「ベートーヴェン・イヤー」に向けて珍しい作品が次々とリリースされていますが、このアルバムに収録されている曲もかなりレアと言えるでしょう。ピアノ協奏曲第2番はベートーヴェンの初期作品で、モーツァルトよりもヨハン・クリスチャン・バッハの影響が強い端正な風情を持っていますが、こちらは通常のレパートリー。しかし変ホ長調 WoO4はベートーヴェン14歳頃の作品で、ほとんど演奏されることがありません。「第0番」と呼ばれることもあるこの曲を来日経験もあるゾフィー=マユコ・フェッターは1806年、ブロードウッド製のフォルテピアノを用い、当時の響きを再現しています。また、時に「第6番」と呼ばれることもある未完となったニ長調の協奏曲は1814年から1815年頃に作曲されたと推測される作品。70ページほどのスケッチが残されています。完成すれば、第4番のあでやかさと第5番の力強さを更に発展させた壮大な作品になるはずでしたが、ベートーヴェンは何らかの理由により途中で筆を折ってしまいました。ここでは研究家たちによる補筆完成版でお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。