ホーム > アルバム > OC1712 シューベルト:ピアノ・ソナタ第8番、第15番/フィニッシー:シューベルトの「D. 840」の補完/ヴィトマン:牧歌と深淵(インバル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1712
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
イェルク・ヴィトマン Jörg Widmann , フランツ・シューベルト Franz Schubert , マイケル・フィニッシー Michael Finnissy
アーティスト
インバル・イェフダ Yehuda Inbar

シューベルト:ピアノ・ソナタ第8番、第15番/フィニッシー:シューベルトの「D. 840」の補完/ヴィトマン:牧歌と深淵(インバル)

SCHUBERT, F.: Piano Sonatas Nos. 8 and 15 / FINNISSY, M.: Vervollständigung von Schuberts D. 840 / WIDMANN, J.: Idyll und Abgrund (Inbar)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1712

全トラック選択/解除

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
ピアノ・ソナタ第8番 嬰ヘ短調 D. 571
1.

Piano Sonata No. 8 in F-Sharp Minor, D. 571

録音: 24-27 October 2018, Jesus-Christus-Kirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7106427
 
**:**
ピアノ・ソナタ第15番 ハ長調 「レリーク」 D. 840

Piano Sonata No. 15 in C Major, D. 840, "Reliquie"

録音: 24-27 October 2018, Jesus-Christus-Kirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7106431
**:**
»  I. Moderato
2.

-

**:**
»  II. Andante
3.

-

マイケル・フィニッシー - Michael Finnissy (1946-)

**:**
シューベルトの「D. 840」の補完

Vervollständigung von Schuberts D. 840

録音: 24-27 October 2018, Jesus-Christus-Kirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7106432
**:**
»  Minuetto
4.

-

**:**
»  Finale
5.

-

イェルク・ヴィトマン - Jörg Widmann (1973-)

**:**
牧歌と深淵

Idyll und Abgrund

録音: 24-27 October 2018, Jesus-Christus-Kirche, Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7106433
**:**
»  I. Irreal, von fern
6.

-

**:**
»  II. Allegretto, un poco agitato
7.

-

**:**
»  III. Wie eine Spieluhr
8.

-

**:**
»  IV. Scherzando
9.

-

**:**
»  V. quarter note = 50
10.

-

**:**
»  VI. Traurig, desolat
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
1987年、イスラエルのハイファで生まれたピアニスト、イェフダ・インバール。エルサレム音楽大学で学士号を取得し、2014年からロンドンに拠点を移し、研鑽を積んでいます。このアルバムではシューベルトにまつわる様々な音楽を演奏。最初の2作品はいずれもシューベルト自身の「未完の作品」であり、その中でも2つの楽章のみが残された「レリーク」は未完とは言え、30分近くの大作であり、晩年のシューベルトらしい、揺れ動く調性と自由な展開を持つ作品です。イギリスの現代作曲家フィニッシーはこの曲に補筆を加えましたが、彼は曲の味わいを生かしながらも独特の曲調へと変化させています。人気作曲家ヴィトマンによる最後のソナタD960からのメロディを自由に展開するというユニークな作品は、彼による3作目の「シューベルトへのオマージュ」となります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。