ホーム > アルバム > OC1720 レーヴェ:オラトリオ「ヤン・フス」(アルツィス=ヴォーカリステン・ミュンヘン/ラルパ・フェスタンテ/グロッパー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1720
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
カール・レーヴェ Carl Loewe
作詞家
August Zeune
アーティスト
アルツィス=ヴォーカリステン・ミュンヘン Arcis-Vocalisten Munich , ドミニク・ヴェルナー Dominik Wörner , トーマス・グロッパー Thomas Gropper , ゲオルク・ポプルッツ Georg Poplutz , ウルリケ・マロッタ Ulrike Malotta , モニカ・マウフ Monika Mauch , ラルパ・フェスタンテ Arpa festante, L'

レーヴェ:オラトリオ「ヤン・フス」(アルツィス=ヴォーカリステン・ミュンヘン/ラルパ・フェスタンテ/グロッパー)

LOEWE, C.: Jan Hus [Oratorio] (Arcis-Vocalisten Munich, L' Arpa festante, Gropper)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1720

全トラック選択/解除

Disc 1

カール・レーヴェ - Carl Loewe (1796-1869)

**:**
オラトリオ「ヤン・フス」 Op. 82

Jan Hus, Op. 82

録音: 12-16 October 2022, Himmelfahrtskirche, München-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10096185
**:**
»  Introduction - Prologue: Im Jahre vierzehn war's nach vierzehnhundert (Quartet)
1.

-

**:**
»  Part I: O frohe Knabenzeit (Chorus)
2.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Stimmt Bruder jetzt kein freudig Loblied an! (Hieronymus, Huss)
3.

-

**:**
»  Part I: Huss, zieh' nicht fort bleib' hier am sichern Ort! (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Ich habe ja die Deutschen nicht vertrieben (Huss)
5.

-

**:**
»  Part I: Aria: Zu stark, o Huss, hast du die Kleresei (Hieronymus)
6.

-

**:**
»  Part I: Huss, zieh nicht fort (Chorus, Hieronymus)
7.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Ich hoff auf meine gute Sach' in Gott (Huss)
8.

-

**:**
»  Part I: Chorale: Was mein Gott will, das g'scheh' allzeit (Huss, Chorus)
9.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Ihr seid beschuldigt, Huss (Wenzel, Sofia, Huss)
10.

-

**:**
»  Part I: Sel'ger Glaube, der auch Berge hebet (Sofia, Huss, Wenzel)
11.

-

**:**
»  Part II: Das weite Feld ist unser Zel (Chorus)
12.

-

**:**
»  Part II: Chorale: Gott ist mein Trost und Zuversicht (Chorus)
13.

-

**:**
»  Part II: Wandler des Waldes, seid uns willkommen (Chorus)
14.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Sagt, guten Leute (Chlum, Zigeuner, Zigeunerin)
15.

-

**:**
»  Part II: Aria: Dort im fernen Heimatlande (Zigeunerin)
16.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Meinst du, o Weib, dass ich die Flügel mir auf meinem Zuge wohl verbrennen sollte? (Huss, Zigeunerin, Chlum)
17.

-

**:**
»  Part II: Freies Geleit, was ist freies Geleit? (Chorus)
18.

-

**:**
»  Part II: Recitative: Schweigt, freches Volk - Siegemund, Lügemund! (Chlum, Chorus)
19.

-

**:**
»  Part II: Arioso: Hier an der Grenze füll' ich meine Hand - Auch dich geleite Gott (Huss, Chorus)
20.

-

**:**
»  Part II: Das weite Feld ist unser Zelt (Chorus)
21.

-

**:**
»  Part II: Praeludium - Recitative: Ihr guten Hirten (Huss, Hirte, Chlum)
22.

-

**:**
»  Part II: Der Herr ist mein Hirte (Huss, Chorus)
23.

-

Disc 2

カール・レーヴェ - Carl Loewe (1796-1869)

**:**
オラトリオ「ヤン・フス」 Op. 82

Jan Hus, Op. 82

録音: 12-16 October 2022, Himmelfahrtskirche, München-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10096185
**:**
»  Part III: Recitative: Vom nahen Turm, was deutet das Geläut? (Barbara, Siegmund)
1.

-

**:**
»  Part III: Aria: Augen sind der Seele treuer Spiegel (Barbara)
2.

-

**:**
»  Part III: Duet: Und wo bleibt denn dein kaiserliches Wort (Barbara, Siegmund)
3.

-

**:**
»  Part III: Kyrie eleison (Chorus)
4.

-

**:**
»  Part III: Recitative: Ihr habt gehört aus früheren Verhören (Bischof von Lübeck, Huss, Chorus, Kardinal von Florenz)
5.

-

**:**
»  Part III: Aria: Israel hat dennoch Gott zum Trost (Huss)
6.

-

**:**
»  Part III: Chorale: Noch eins, mein Gott (Huss)
7.

-

**:**
»  Part III: Seht den edlen Dulder schreiten (Chorus, Huss)
8.

-

**:**
»  Part III: Recitative: Lasst uns nun zu Gottes Ehren noch des Ketzers Holzstoß mehren - Zum Feuer den Ketzer (Ein Bauer, Huss, Chorus)
9.

-

**:**
»  Part III: Wir flattern flackernd, die Luft durchackernd (Chorus, Huss)
10.

-

**:**
»  Part III: Ungetrübt, rein (Chorus)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/05/01
【レーヴェの知られざるライフワーク、オラトリオの録音第2弾!】ドイツ歌曲において「バラード」という新しいスタイルを確立したカール・レーヴェ。実は本職は宗教音楽家で、1820年から66年までシュテティン(現ポーランドのシュチェチン)の教会でカントルを務めました。任期中に書かれたオラトリオは17作以上に上ると見られますが、「バラード」の成功の影に隠れてしまい、研究・演奏は遅れをとっています。その復興に情熱を傾けているのが当アルバムの指揮者トーマス・グロッパー。2018年録音の受難オラトリオ『新約のいけにえ』(OC1706)に続く第2作は、宗教改革の先駆的存在でボヘミア民族の精神的支柱とされてきたフスの後半生をドラマティックに描いています。この作品は1841年12月にベルリンで初演されましたが、その後は埋もれてしまい、2013年になってようやくピアノ伴奏版で蘇演され、これがオーケストラ版の初録音となります。オーケストラの楽器と規模は当時のものを想定し、歌手陣にはモニカ・マウフやドミニク・ヴェルナーら古楽演奏の第一級歌手を揃えグロッパー自身もバス歌手として参加、5日間をかけてセッション録音した力作です。ブックレットではグロッパーが9ページにわたり充実した解説を執筆しています(英語・ドイツ語)。ドヴォルザークの「フス教徒」やスメタナの「わが祖国」第5曲「ターボル」など、チェコからはヤン・フスの生きざまに影響された作品も生まれています。このオラトリオをそれらのドイツにおける先駆的な存在として聞いてみるのも興味深いでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。