ホーム > アルバム > OC1721 コスター:エヒテルナハのヴァイオリニスト(ジンガー・プア/カントレッギ/ウェーバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1721
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
ルー・コスター Lou Koster
作詞家
ニコラウス・ヴェルター Nikolaus Welter
編曲者
クリスティアン・マイスター Christian Meister
アーティスト
クロード・ウェーバー Claude Weber , サンドリーヌ・カントレッギ Sandrine Cantoreggi , ジンガー・プア Singer Pur

コスター:エヒテルナハのヴァイオリニスト(ジンガー・プア/カントレッギ/ウェーバー)

KOSTER, L.: Geiger von Echternach (Der) (The Echternach Fiddler) (arr. for vocal ensemble, violin and piano) (Singer Pur, S. Cantoreggi, C. Weber)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1721

全トラック選択/解除

ルー・コスター - Lou Koster (1889-1973)

**:**
エヒテルナハのヴァイオリニスト(C. マイスターによる声楽アンサンブル、ヴァイオリンとピアノ編)

Der Geiger von Echternach (The Echternach Fiddler) (arr. C. Meister for vocal ensemble, violin and piano)

録音: 24-28 May 2021, Dudelange, Luxembourg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8938492
**:**
»  Pfingsten war's
1.

-

**:**
»  Dunkeln Unheils lauernde Macht
2.

-

**:**
»  Hohen Hauptes mit festem Schritte
3.

-

**:**
»  Echternachs Geiger, der lange Veit!
4.

-

**:**
»  Und er fasst die Geige, die alte
5.

-

**:**
»  Sprach's und hob den schlichten Bogen
6.

-

**:**
»  Murrend stand im Kreis die Menge
7.

-

**:**
»  Sacht auf goldnem Sonnenpfad
8.

-

**:**
»  Endlos unterm Sonnenbrand dehnt sich aus der Wüstensand!
9.

-

**:**
»  Strandlos wogt das sand‘ge Meer
10.

-

**:**
»  Im Wüstensande eine Beduinenbande
11.

-

**:**
»  All der Wahnsinn dieser Stunde
12.

-

**:**
»  Dieser Feuerstrom von Tönen
13.

-

**:**
»  Mit strahlendem Gesicht schaut der Geiger in das Licht!
14.

-

**:**
»  Mächtig wie des Sturmes Laute braust es durch den hellen Tag!
15.

-

**:**
»  Wimmernd windet sich die Menge
16.

-

**:**
»  Gleich auf wundersame Weise legt der Töne Sturmflut sich
17.

-

**:**
»  Bittgebet
18.

-

**:**
»  Gott Du hast in Deiner Güte
19.

-

**:**
»  Dass ich diese stumpfen Geister durch mein Spiel bezwingen kann
20.

-

**:**
»  Also flehten Spielmann und Geige
21.

-

**:**
»  Rings der Kläger klägliche Runde
22.

-

**:**
»  Kichernd und kosend
23.

-

**:**
»  Und sie zwangen Weib und Mann unwiderstehlich in ihren Bann
24.

-

**:**
»  Strahlend von der Todesleiter schaut der Fiedler dem Rasen zu
25.

-

**:**
»  Heute spielte Dich Gottes Kraft
26.

-

**:**
»  Vater, du nahmst die Sünde von ihnen
27.

-

**:**
»  Und mit stolzem Siegerschritte
28.

-

**:**
»  Als er verschwunden in der Ferne
29.

-

**:**
»  Willibrord der Apostel
30.

-

**:**
»  Dann beginnt der mächtige Greis
31.

-

**:**
»  Jedes Jahr am Tag wie heute
32.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/09/01
ドイツの人気ヴォーカル・アンサンブル"ジンガー・プア"が歌う『エヒテルナハのフィドル弾き』。これは2010年にユネスコの世界文化遺産に登録された「エヒテルナハの踊りの行進」の起源とされる、ルクセンブルクではおなじみの伝説を題材にした作品です。内容は、病に侵された妻を伴い東方への巡礼に出ていた楽師が帰郷すると、巡礼先で妻を殺した容疑で訴えられ、死刑を宣告されます。実は訴えた親族たちが楽師の巡礼中に彼の財産を着服していたのでした。楽師は最後の願いとしてフィドルを弾く事を許されますが、その演奏を聞いた人々が憑かれたように踊り出して止まらなくなります。最後は聖ウィリブロルドの祝福で踊りが止み、音楽の魔力を嫌った楽師はフィドルを絞首台に打ち付けて壊し、その場を去っていったというもの。この物語を元に、ルクセンブルクの作家ニック・ウェルターがテキストを作成、ルクセンブルクの女性作曲家・ピアニスト、ルー・コスターが合唱とオーケストラによるバラードを作曲し、1972年にエヒテルナハ修道院で初演され、大成功を収めました。今回は、ピアノ伴奏版の編曲を用い、サンドリーヌ・カントレッギが物語の核となるヴァイオリンを演奏。ジンガー・プアが見事なハーモニーを聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。