ホーム > アルバム > OC1809 グラウン:受難オラトリオ「イエスの死」(ミュンヘン・アルチス=ヴォーカリステン/アルパ・フェスタンテ・バロック管/グロッパー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC1809
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
カール・ハインリヒ・グラウン Carl Heinrich Graun
作詞家
カール・ウィルヘルム・ラムラー Karl Wilhelm Ramler
アーティスト
トーマス・グロッパー Thomas Gropper , アンドレアス・ブルクハルト Andreas Burkhart , ゲオルク・ポプルッツ Georg Poplutz , ミュンヘン・アルチス=ヴォーカリステン Arcis-Vocalisten Munich , モニカ・マウフ Monika Mauch , ラルパ・フェスタンテ・バロック管弦楽団 Arpa Festante Baroque Orchestra, L'

グラウン:受難オラトリオ「イエスの死」(ミュンヘン・アルチス=ヴォーカリステン/アルパ・フェスタンテ・バロック管/グロッパー)

GRAUN, C.H.: Tod Jesu (Der) [Oratorio] (Arcis-Vocalisten Munich, L'Arpa Festante Baroque Orchestra, Gropper)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1809

全トラック選択/解除

Disc 1

カール・ハインリヒ・グラウン - Carl Heinrich Graun (1704-1759)

**:**
受難オラトリオ「イエスの死」

Der Tod Jesu

録音: 17-20 May 2014, Himmelfahrtskirche, Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3951377
**:**
»  Chorus: Du, dessen Augen flossen (Chorus)
1.

-

**:**
»  Chorus: Sein Odem ist schwach (Chorus)
2.

-

**:**
»  Recitative: Gethsemane! Gethsemane! (Soprano)
3.

-

**:**
»  Aria: Du Held, auf den die Kocher (Soprano)
4.

-

**:**
»  Chorus: Wen hab' ich sonst als dich allein (Chorus)
5.

-

**:**
»  Recitative: Ach, mein Immanuel! (Soprano)
6.

-

**:**
»  Aria: Ein Gebet un neue Starke (Soprano)
7.

-

**:**
»  Recitative: Nun klingen Waffen (Tenor)
8.

-

**:**
»  Aria: Ihr weichgeschaffnen Seelen (Tenor)
9.

-

**:**
»  Chorus: Unsere Seele ist gebeuget zu der Erden (Chorus)
10.

-

**:**
»  Chorus: Ich will von meiner Missethat (Chorus)
11.

-

**:**
»  Recitative: Jerusalem, voll Mordlust, ruft mit wildem Thon (Bass)
12.

-

**:**
»  Aria: So stehet ein Berg Gottes (Bass)
13.

-

**:**
»  Chorus: Christus hat uns ein Volbild gelassen (Chorus)
14.

-

**:**
»  Chorus: Ich werde, dir zu Ehren, alles wogen (Chorus)
15.

-

Disc 2

カール・ハインリヒ・グラウン - Carl Heinrich Graun (1704-1759)

**:**
受難オラトリオ「イエスの死」

Der Tod Jesu

録音: 17-20 May 2014, Himmelfahrtskirche, Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3951377
**:**
»  Recitative: Da steht der traurige, verhangnisvolle Pfahl (Soprano)
1.

-

**:**
»  Duet: Feinde, die ihr mch betrubt (Soprano I, Soprano II)
2.

-

**:**
»  Recitative: Wer ist der heilige (Soprano)
3.

-

**:**
»  Aria: Singt dem gottlichen Propheten (Soprano)
4.

-

**:**
»  Chorus: Freuet euch alle, ihr Frommen (Chorus)
5.

-

**:**
»  Chorus: Wie herrlich ist die neue Welt (Chorus)
6.

-

**:**
»  Recitative: Auf einmal fallt der aufgehaltne Schmerz (Bass)
7.

-

**:**
»  Accompagnato: Es steigen Seraphim von allen Sternen nieder (Bass)
8.

-

**:**
»  Chorus: Ihr Augen weint (Chorus)
9.

-

**:**
»  Chorus: Hier liegen wir (Chorus)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/10/01
ドイツのヴァーレンブリュックに生まれ、ドレスデン宮廷歌劇場の合唱団に加わり、1740年にフリードリヒ大王が即位するとベルリンの宮廷楽長に招かれ、亡くなるまでその地位にあったカール・ハインリヒ・グラウン(1704-1759)。彼の代表作がこの受難オラトリオ「イエスの死」です。この曲が初演されたのは1755年3月26日で、使われている詩は聖書のものではなく、カール・ヴィルヘルム・ラムラーの詩という点でも独創的。曲はとにかく穏やかで、静かな感情に満ちたものです。あまり演奏される機会が多いわけではありませんが、不思議と音楽史からは忘れられることなく、現代に至っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。