ホーム > アルバム > OC1828 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲/ピアノ三重奏曲第4番「ドゥムキー」(クリンゲル/バティアシュヴィリ /チェルニャフスカ/ガウデンツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
OC1828
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
ジモン・ガウデンツ Simon Gaudenz , ゼバスティアン・クリンガー Sebastian Klinger , ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団 German Radio Saarbrücken-Kaiserslautern Philharmonic Orchestra , ミラナ・チェルニャフスカ Milana Chernyavska , リサ・バティアシュヴィリ Lisa Batiashvili

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲/ピアノ三重奏曲第4番「ドゥムキー」(クリンゲル/バティアシュヴィリ /チェルニャフスカ/ガウデンツ)

DVOŘÁK, A.: Cello Concerto / Piano Trio No. 4, "Dumky" (Klinger, Batiashvili, Chernyavska, Gaudenz)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1828

全トラック選択/解除

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
チェロ協奏曲 ロ短調 Op. 104, B. 191

Cello Concerto in B Minor, Op. 104, B. 191

録音: 21-24 October 2014, Sendesaal des Saarlandischen Rundfunks, Saarbrucken, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4386776
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro moderato
3.

-

 
**:**
ピアノ三重奏曲第4番 ホ短調 「ドゥムキー」 Op. 90, B. 166

Piano Trio No. 4 in E Minor, Op. 90, B. 166, "Dumky"

録音: 7-8 July 2014, Studio 2, Bayerischer Rundfunk, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4386777
**:**
»  I. Lento maestoso - Allegro vivace, quasi doppio movimento - Tempo I - Allegro molto -
4.

-

**:**
»  II. Poco adagio - Vivace non troppo -
5.

-

**:**
»  III. Andante - Vivace non troppo - Andante - Allegretto
6.

-

**:**
»  IV. Andante moderato (quasi tempo di marcia) - Allegretto scherzando - Meno mosso - Allegro - Moderato
7.

-

**:**
»  V. Allegro
8.

-

**:**
»  VI. Lento maestoso - Vivace, quasi doppio movimento - Lento - Vivace
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2015/07/01
才能溢れる若手チェリスト、セバスティアン・クリンガー。こちらはOEHMSへの3枚目のソロ・アルバムとなります(アンサンブルとしてはジョリヴェの作品集もリリースされています…OC875)。今作では、ドヴォルザーク(1841-1904)の2つの作品、チェロ奏者なら誰もが憧れる「チェロ協奏曲」と民俗色の強いピアノ三重奏曲「ドゥムキー」の組み合わせです。悠々たるチェロ協奏曲での独奏も素晴らしいものですが、何より、個性の強いことで知られるヴァイオリニスト、バティアシュヴィリと、ピアノのチェルニャスカとを相手に、がっぷり組んだ「ドゥムキー」での火花が散るような演奏が聴きものです。何度も聴いてみたくなるような鮮烈なドヴォルザークです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。