ホーム > アルバム > OC1838 サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番/ラロ:チェロ協奏曲/マルタン:バラード(ヤン・ウェン=シン/ギーセン州立劇場フィル/ホフシュテッター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC1838
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns , フランク・マルタン Frank Martin , エドゥアール・ラロ Édouard Lalo
アーティスト
ギーセン州立劇場フィルハーモニー管弦楽団 Giessen State Theatre Philharmonic Orchestra , ミハエル・ホフシュテッター Michael Hofstetter , ヤン・ウェン=シン Wen-Sinn Yang

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番/ラロ:チェロ協奏曲/マルタン:バラード(ヤン・ウェン=シン/ギーセン州立劇場フィル/ホフシュテッター)

SAINT-SAËNS, C.: Cello Concerto No. 1 / LALO, E.: Cello Concerto / MARTIN, F.: Ballade (Wen-Sinn Yang, Giessen State Theatre Philharmonic, Hofstetter)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1838

全トラック選択/解除

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
チェロ協奏曲第1番 イ短調 Op. 33

Cello Concerto No. 1 in A Minor, Op. 33

録音: 6 May 2014, Stadttheater Gießen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4861658
**:**
»  Allegro non troppo -
1.

-

**:**
»  Allegretto con moto -
2.

-

**:**
»  Un peu moins vite
3.

-

フランク・マルタン - Frank Martin (1890-1974)

**:**
チェロと小管弦楽のためのバラード
4.

Ballade for Cello and Small Orchestra

録音: 16 June 2015, Stadttheater Gießen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4861659

エドゥアール・ラロ - Édouard Lalo (1823-1892)

**:**
チェロ協奏曲 ニ短調

Cello Concerto in D Minor

録音: 16 June 2015, Stadttheater Gießen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4861660
**:**
»  I. Prelude: Lento - Allegro maestoso - Tempo I
5.

-

**:**
»  II. Intermezzo: Andantino con moto - Allegro presto - Andantino (Tempo I) - Allegro presto
6.

-

**:**
»  III. Introduction: Andante - Allegro vivace
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/02/01
1965年スイス生まれのチェリスト、ウェン=シン・ヤンによるフランスの協奏的作品集3曲です。24歳のときにバイエルン放送交響楽団の首席チェリストに就任、注目を浴びた彼ですが、最近はますます円熟味が増した演奏と表現で多くの人々を魅了しています。サン=サーンスのチェロ協奏曲第1番は、切れ目なく演奏される3つの楽章が特徴で、第1部の主題が第3部でも使われるなど工夫が凝らされています。溢れる旋律美もあり人気の高い作品です。マルタンの「バラード」は、この形式をこよなく愛した彼が1949年に書いた作品。沈み込むような雰囲気で始まる印象的な曲です。ラロの「チェロ協奏曲」は、有名な「スペイン交響曲」にも似たスペイン風の雰囲気が漲る力作です。今回バックを務めているのはドイツ、ヘッセンの都市で活動するギーセン・フィルハーモニーと指揮者のミヒャエル・ホフシュテッター。バロック系の作品を得意とするホフシュテッターの意外な面を聞くことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。