ホーム > アルバム > OC1873 リスト:ファウスト交響曲(1854年版)(H. アルブレヒトによるオルガン編)(アルブレヒト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1873
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フランツ・リスト Franz Liszt
編曲者
ハンスイェルク・アルブレヒト Hansjörg Albrecht
アーティスト
ハンスイェルク・アルブレヒト Hansjörg Albrecht

リスト:ファウスト交響曲(1854年版)(H. アルブレヒトによるオルガン編)(アルブレヒト)

LISZT, F.: Faust-Symphonie (Eine) (1854 version) (arr. H. Albrecht for organ) (H. Albrecht)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1873

全トラック選択/解除

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
ファウスト交響曲 S108/R425 (1854年版)(H. アルブレヒトによるオルガン編)

Eine Faust-Symphonie in drei Charakterbildern, S108/R425 (1854 version) (arr. H. Albrecht for organ)

録音: 13-17 March 2018, Philharmonie im Gasteig, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6587404
**:**
»  I. Faust
1.

-

**:**
»  II. Gretchen
2.

-

**:**
»  III. Mephistopheles
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
1830年末、友人ベルリオーズに薦められてリストが手にしたのは、ゲーテの戯曲「ファウスト」でした。この物語はリストを深く魅了し、やがてリストは物語を音楽にしようと考え“ファウスト伝説”を題材にした作品が何曲も生まれました。なかでも1840年代から構想が練られた「ファウスト交響曲」はリストの最高傑作とされています。物語を忠実に再現するのではなく、ファウスト、グレートヒェン、メフィストフェレスの性格、人物描写を8つの主題によって造形的に描くという交響曲と言っても自由な形式が用いられています。作品は1854年に一旦完成されましたが、リストはこの作品に何度も改訂を行い、その都度楽器の編成を増強し、第3楽章に男声合唱を付け加えるなどの手を加え、最終的に完成を見たのは1880年でした。このアルバムは1854年の初稿版をアルブレヒト自身がオルガン用に編曲、演奏しています。ホルン以外の金管楽器や打楽器、ハープ、男声合唱が付け加えられる以前のシンプルな響きは、オルガンで演奏しても何の遜色もありません。1985年に製作され2004年と2010年に改造された豊かな機能を持つガスタイクのクライスオルガンの音色をたっぷりとお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。