ホーム > アルバム > OC1891 ヴィヴァルディ/セジョルネ/信長貴富:マリンバ協奏曲集(布谷史人/ヌス/シュレーフリ/マンハイム・プファルツ選帝侯室内管)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1891
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , エマニュエル・セジョルネ Emmanuel Séjourné , 信長貴富 Takatomi Nobunaga
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ヨハネス・シュレーフリ Johannes Schlaefli , ベンヤミン・ヌス Benyamin Nuss , 布谷史人 Fumito Nunoya , マンハイム・プファルツ選帝侯室内管弦楽団 Kurpfälzisches Kammerorchester

ヴィヴァルディ/セジョルネ/信長貴富:マリンバ協奏曲集(布谷史人/ヌス/シュレーフリ/マンハイム・プファルツ選帝侯室内管)

VIVALDI, A. / SÉJOURNÉ, E. / NOBUNAGA, Takatomi: Marimba Concertos (Fumito Nunoya, Nuss, Kurpfälzisches Kammerorchester, Schlaefli)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1891

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
協奏曲 ハ長調 RV 443 (マリンバと管弦楽編)

Flautino Concerto in C Major, RV 443 (arr. for marimba and orchestra)

録音: 19-22 June 2018, Epiphaniaskirche, Mannheim
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6986992
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Largo
2.

-

**:**
»  III. Allegro molto
3.

-

エマニュエル・セジョルネ - Emmanuel Séjourné (1961-)

**:**
マリンバ協奏曲(2015年版)

Marimba Concerto (2015 version)

録音: 19-22 June 2018, Epiphaniaskirche, Mannheim
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6986993
**:**
»  I. Avec force
4.

-

**:**
»  II. Tempo souple
5.

-

**:**
»  III. Rythmique, énergique
6.

-

信長貴富 - Takatomi Nobunaga

**:**
マリンバ協奏曲「混線するドルフィン・ソナー」

Marimba Concerto, "The Crossed Sonar of Dolphins"

録音: 19-22 June 2018, Epiphaniaskirche, Mannheim
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6986994
**:**
»  I. Underwater Communication: Tranquillo
7.

-

**:**
»  II. Shoals and Ocean Currents: Largo
8.

-

**:**
»  III. The Quest for the Horizon: Allegro risoluto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/10/01
「オーケストラとの共演が好きだ」と語るマリンバ奏者、布谷史人(ぬのや・ふみと)。その理由の一つは「大きなステージの上で一人孤独を感じることもないし、たくさんの仲間たちとともに精一杯の心を込めて一つの音楽を創り上げることにある」だそう(解説より)。彼は他にもさまざまな要因を上げ、オーケストラと共に演奏する魅力を語り、その言葉通りの魅力的な演奏を披露しています。このアルバムには3曲のスタイルの違う協奏曲を収録。もともとリコーダーのための作品であるヴィヴァルディ、リンツ国際コンクールのために作曲されたセジョルネのエネルギッシュな曲、そして布谷が委嘱した信長貴富(のぶながたかとみ)のイルカと海をモティーフにした曲と、それぞれ曲調や用いられる技巧が違いますが、どの曲も聴き手のインスピレーションを刺激する素晴らしい仕上がりになっています。エキサイティングで熱意に溢れた演奏をお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。