ホーム > アルバム > OC1894 カメルローアー:リュート作品集(エクルフーバー/ブリューデル/グッバ=チヘイゼ/フィッシャー/レールマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC1894
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
プラチドゥス・フォン・カメルローアー Placidus von Camerloher
アーティスト
クリストフ・エクルフーバー Christoph Eglhuber , テオーナ・グッバ=チヘイゼ Theona Gubba-Chkheidze , アンゲリカ・フィヒター Angelika Fichter , ハンス・ブリューデル Hans Brüderl , ザビーナ・レールマン Sabina Lehrmann

カメルローアー:リュート作品集(エクルフーバー/ブリューデル/グッバ=チヘイゼ/フィッシャー/レールマン)

CAMERLOHER, P. von: Lute Music - Solos and Duos for Gallichons / Parthia (Eglhuber, Brüderl, Gubba-Chkheidze, Fichter, Lehrmann)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC1894

全トラック選択/解除

プラチドゥス・フォン・カメルローアー - Placidus von Camerloher (1718-1782)

**:**
ガリコーンのための独奏曲 - パルティータ第1番

Solo per la Gallichone: Parthia No. 1

録音: 13 March and 3 April 2017, Marstall, Landratsamt Freising
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6728468
**:**
»  I. Andante
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Menuet
3.

-

 
**:**
2つのガリコーンのための二重奏曲 ニ長調

Duo for 2 Gallichons in D Major

録音: 11-12 November 2017, Aula, Grundschule St. Korbinian, Freising
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6729296
**:**
»  I. Tempo giusto
4.

-

**:**
»  II. Echo
5.

-

**:**
»  III. Quique
6.

-

 
**:**
ガリコーンのための独奏曲 - パルティータ第2番

Solo per la Gallichone: Parthia No. 2

録音: 13 March and 3 April 2017, Marstall, Landratsamt Freising
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6729297
**:**
»  I. Andante
7.

-

**:**
»  II. Allegro
8.

-

**:**
»  III. Menuet
9.

-

 
**:**
三重奏曲 ハ長調

Trio in C Major

録音: 11-12 November 2017, Aula, Grundschule St. Korbinian, Freising
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6729298
**:**
»  I. Andante
10.

-

**:**
»  II. Allegro
11.

-

**:**
»  III. Menuet
12.

-

**:**
»  IV. Allegro
13.

-

 
**:**
ガリコーンのための独奏曲 - パルティータ第3番

Solo per la Gallichone: Parthia No. 3

録音: 13 March and 3 April 2017, Marstall, Landratsamt Freising
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6729299
**:**
»  I. Adagio
14.

-

**:**
»  II. Allegro
15.

-

**:**
»  III. Tempo di Menuet
16.

-

 
**:**
ガリコーンのための独奏曲 - パルティータ第4番

Solo per la Gallichone: Parthia No. 4

録音: 13 March and 3 April 2017, Marstall, Landratsamt Freising
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6729300
**:**
»  I. Menuet
17.

-

**:**
»  II. Allegro
18.

-

**:**
»  III. Menuet
19.

-

 
**:**
パルティータ ヘ長調

Parthia in F Major

録音: 11-12 November 2017, Aula, Grundschule St. Korbinian, Freising
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6729301
**:**
»  I. Siciliana
20.

-

**:**
»  II. Menuet
21.

-

**:**
»  III. Paisan
22.

-

**:**
»  IV. Menuet
23.

-

**:**
»  V. Finale: Allegro
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/07/01
ミュンヘンから遠く離れたフライジング。18世紀の始めにこの街で活躍した宮廷音楽長カメルローアーの作品集。1718年に宮廷書記官の息子として生まれたカメルローアーは、幼い頃から音楽的才能に恵まれ、1744年にフライジング大聖堂から聖職者として任命された際には、優れた音楽家、作曲家としても評価されていました。その後、宮廷楽長に任命されてからは、ほぼ40年に渡り数多くの作品を書き街の音楽文化の発展に寄与したことで知られています。現在はその偉業を記念し、フライジングの音楽学校には彼の名が冠されているほどに地元の人々に愛されています。カメルローアー生誕300年を記念して製作されたこのアルバムで中心となるのは、フライジングのカメルローアー音楽学校に通っていたリュート奏者クリストフ・エクルフーバー。地元以外では知名度の低いカメルローアーの作品を編集、彼の仲間たちと共に録音に臨みました。大部分の曲は世界初録音であり、また演奏される楽器についても研究が凝らされています。ここで用いられているガリコーンとは「マンドーラ」とも呼ばれるリュートの後継楽器のこと。ドイツではこの楽器からリュートギターが生まれたとされています。知られざる作品を当時の音で聴く楽しみに溢れた1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。