ホーム > アルバム > OC376 ドヴォルザーク:交響曲全集/チェコ組曲(スロヴァキア放送響/アンゲーロフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC376
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アントニン・ドヴォルザーク Antonín Dvořák
アーティスト
イヴァン・アンゲーロフ Ivan Anguélov , スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra

ドヴォルザーク:交響曲全集/チェコ組曲(スロヴァキア放送響/アンゲーロフ)

DVORAK: Symphonies Nos. 1-9 / Czech Suite

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC376

全トラック選択/解除

Disc 1

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第1番 ハ短調 「ズロニツェの鐘」

Symphony No. 1 in C Minor, B. 9, "The Bells of Zlonice"

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/184839
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio molto
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro animato
4.

-

 
**:**
交響曲第3番 変ホ長調 Op. 10, B. 34

Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 10, B. 34

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679168
**:**
»  I. Allegro moderato
5.

-

**:**
»  II. Adagio molto, tempo di Marcia
6.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro vivace
7.

-

Disc 2

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第2番 変ロ長調 Op. 4, B. 12

Symphony No. 2 in B-Flat Major, Op. 4, B. 12

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679169
**:**
»  I. Allegro con moto
1.

-

**:**
»  II. Poco adagio
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro con brio
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con fuoco
4.

-

 
**:**
チェコ組曲 Op. 39, B. 93

Czech Suite, Op. 39, B. 93

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679170
**:**
»  I. Preludio: Pastorale
5.

-

**:**
»  II. Polka
6.

-

**:**
»  III. Sousedska
7.

-

**:**
»  IV. Romanza
8.

-

**:**
»  V. Finale: Furiant
9.

-

Disc 3

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第4番 ニ短調 Op. 13, B. 41

Symphony No. 4 in D Minor, Op. 13, B. 41

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679171
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro feroce
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con brio
4.

-

 
**:**
交響曲第8番 ト長調 Op. 88, B. 163

Symphony No. 8 in G Major, Op. 88, B. 163

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679172
**:**
»  I. Allegro con brio
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Allegretto grazioso
7.

-

**:**
»  IV. Allegro ma non troppo
8.

-

Disc 4

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第5番 ヘ長調 Op. 76, B. 54

Symphony No. 5 in F Major, Op. 76, B. 54

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679173
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
1.

-

**:**
»  II. Andante con moto
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro scherzando
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro molto
4.

-

 
**:**
交響曲第9番 ホ短調 「新世界より」 Op. 95, B. 178

Symphony No. 9 in E Minor, Op. 95, B. 178, "From the New World"

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679174
**:**
»  I. Adagio - Allegro molto
5.

-

**:**
»  II. Largo
6.

-

**:**
»  III. Molto vivace
7.

-

**:**
»  IV. Allegro con fuoco
8.

-

Disc 5

アントニン・ドヴォルザーク - Antonín Dvořák (1841-1904)

**:**
交響曲第6番 ニ長調 Op. 60, B. 112

Symphony No. 6 in D Major, Op. 60, B. 112

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679175
**:**
»  I. Allegro non tanto
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Furiant
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con spirito
4.

-

 
**:**
交響曲第7番 ニ短調 Op. 70 B. 141

Symphony No. 7 in D Minor, Op. 70, B. 141

録音: 2001 - 2004, Slovak Radio Concert Hall, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2679176
**:**
»  I. Allegro maestoso
5.

-

**:**
»  II. Poco adagio
6.

-

**:**
»  III. Scherzo: Vivace
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Tossy 投稿日:2012/10/06
このアンゲーロフによるドヴォルザーク交響曲全集は、知名度の低いオケにもかかわらず十分に整理された響きの美しい演奏を繰り広げ、想像以上に名演ぞろいです。中でも第3番から第6番がすばらしく、特に第4番は最高の名演です。この第4番は先に書かれた第3番に比べても洗練されたところが少なく、ドヴォルザークの素朴で親しみやすい本性がすみずみまで提示された魅力的な曲で私は大好きです。第2楽章はメロディーを支える伴奏の扱いが難しく、指揮者の能力不足が露呈しやすいのですが、ケルテスの名演に並ぶ出来栄えで、たいしたものだなと思いました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。