ホーム > アルバム > OC460 ベートーヴェン/プロコフィエフ/ショパン/デンホーフ:ピアノ作品集(ブラウス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC460
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin , ミヒャエル・デンホーフ Michael Denhoff , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
エリーザベト・ブラウス Elisabeth Brauß , ファビアン・ミュラー Fabian Müller

ベートーヴェン/プロコフィエフ/ショパン/デンホーフ:ピアノ作品集(ブラウス)

Piano Recital: Brauss, Elisabeth - BEETHOVEN, L. van / PROKOFIEV, S. / CHOPIN, F. / DENHOFF, M. (Debut)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC460

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ・ソナタ第7番 ニ長調 Op. 10, No. 3

Piano Sonata No. 7 in D Major, Op. 10, No. 3

録音: 29-31 March 2016, hr-Sendesaal, Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5642359
**:**
»  I. Presto
1.

-

**:**
»  II. Largo e mesto
2.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegro
3.

-

**:**
»  IV. Rondo: Allegro
4.

-

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 ニ短調 Op. 14

Piano Sonata No. 2 in D Minor, Op. 14

録音: 29-31 March 2016, hr-Sendesaal, Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7111373
**:**
»  I. Allegro, ma non troppo - Più mosso - Tempo primo
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro marcato
6.

-

**:**
»  III. Andante
7.

-

**:**
»  IV. Vivace - Moderato - Vivace
8.

-

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 「葬送」 Op. 35

Piano Sonata No. 2 in B-Flat Minor, Op. 35, "Funeral March"

録音: 29-31 March 2016, hr-Sendesaal, Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7111374
**:**
»  I. Grave - Doppio movimento
9.

-

**:**
»  II. Scherzo
10.

-

**:**
»  III. Marche funèbre: Lento
11.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
12.

-

ミヒャエル・デンホーフ - Michael Denhoff (1955-)

**:**
色彩の練習曲 Op.?115
13.

Etude de couleurs, Op. 115

録音: 29-31 March 2016, hr-Sendesaal, Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7111375
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/03/01
2015年1月にフランクフルトで開催されたBDI(ドイツ産業文化連盟)が主催する音楽コンクール「Ton und Erklarung」。2007年に創設されて以来、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、歌の4部門が年毎に開催され、優れた受賞者を輩出しているこのコンクール、「OEHMSレーベルよりデビュー盤をリリース」できることも優勝者の特権の一つです。今回の優勝者エリザベート・ブラウスは1995年ハノーヴァー生まれ。5歳でエリナ・レヴィトのピアノ・クラスに入門を許可され早期の音楽教育をうけます。2008年から2010年には並行して名手マッティ・ラエカッリオにも師事、才能を存分に開花させ、すでに数多くのコンサートホールやフェスティヴァルで演奏しています。このデビュー・アルバムではオーソドックスなレパートリーを丁寧に演奏、将来が期待される若手です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。