ホーム > アルバム > OC474 スクリャービン:交響曲第2番/法悦の詩(合唱付き)(西ドイツ放送合唱団/ケルン・ギュルツェニヒ管/キタエンコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC474
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アレクサンドル・スクリャービン Alexander Scriabin
編曲者
ユーリ・アーロノヴィチ Yuri Ahronovitch
アーティスト
ドミートリー・キタエンコ Dmitri Kitayenko , ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 Cologne Gürzenich Orchestra , 西ドイツ放送合唱団 West German Radio Chorus

スクリャービン:交響曲第2番/法悦の詩(合唱付き)(西ドイツ放送合唱団/ケルン・ギュルツェニヒ管/キタエンコ)

SCRIABIN, A.: Symphony No. 2 / Le Poème de l'extase (West German Radio Chorus, Cologne Gürzenich Orchestra, Kitayenko)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC474

全トラック選択/解除

アレクサンドル・スクリャービン - Alexander Scriabin (1872-1915)

**:**
交響曲第2番 ハ短調 Op. 29

Symphony No. 2 in C Minor, Op. 29

録音: 28-29 October 2019, Kölner Philharmonie, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8341246
**:**
»  I. Andante
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

**:**
»  IV. Tempestoso
4.

-

**:**
»  V. Maestoso
5.

-

 
**:**
交響曲第4番「法悦の詩」 Op. 54 (Y. アーロノヴィチによる合唱と管弦楽編)
6.

Le poème de l'extase (The Poem of Ecstasy), Op. 54, "Symphony No. 4" (arr. Y. Ahronovitch for choir and orchestra)

録音: 10-13 November 2018, Kölner Philharmonie, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8341247
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/10/01
2020年8月に80歳の誕生日を迎えた指揮者ドミートリー・キタエンコ。最近の演奏は、以前のような力強さや激しさを前面に押し出すだけではなく、作品の抒情性を存分に楽しませることにも力を入れています。ロシア作品を得意とするキタエンコですが、スクリャービンについては、1990年の「交響曲第1番」がディスコグラフィで認められる程度で、ほとんど録音履歴がありません。そんなキタエンコが満を持して演奏した交響曲第2番と「法悦の詩」。交響曲第2番の美しく妖艶な響きはもちろんのこと、ユーリ・アーロノヴィチによる合唱付きの版が用いられた「法悦の詩」での、クライマックスにおける金管の咆哮と、人の声による美しい音の奔流は聴き手を陶然とさせるほどに印象深いものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。