ホーム > アルバム > OC489 エコール・ド・パリのチェロ作品集~マルチヌー、タンスマン、ハルシャーニ、チェレプニン、ミハロヴィチ(ウェン=シン・ヤン/トリンドル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC489
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アレクサンドル・タンスマン Alexandre Tansman , アレクサンドル・チェレプニン Alexander Tcherepnin , ティボール・ハルシャーニ Tibor Harsányi , ボフスラフ・マルティヌー Bohuslav Martinů , マルセル・ミハロヴィチ Marcel Mihalovici
アーティスト
ウェン=シン・ヤン Wen-Sinn Yang , オリヴァー・トリンドル Oliver Triendl

エコール・ド・パリのチェロ作品集~マルチヌー、タンスマン、ハルシャーニ、チェレプニン、ミハロヴィチ(ウェン=シン・ヤン/トリンドル)

Cello and Piano Recital: Yang, Wen-Sinn / Triendl, Oliver - HARSÁNYI, T. / TANSMAN, A. / MARTINŮ, B. (Le Violoncelle à L'École de Paris)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC489

全トラック選択/解除

ティボール・ハルシャーニ - Tibor Harsányi (1898-1954)

**:**
チェロとピアノのための狂詩曲
1.

Rhapsodie for Cello and Piano

録音: 28-30 December 2020, 04 January 2021, Great Concert Hall, University for Music and Theater Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738190

アレクサンドル・タンスマン - Alexandre Tansman (1897-1986)

**:**
チェロとピアノのための2つの小品

2 Pieces for Cello and Piano

録音: 28-30 December 2020, 04 January 2021, Great Concert Hall, University for Music and Theater Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738191
**:**
»  No. 1. Mélodie
2.

-

**:**
»  No. 2. Capriccio
3.

-

ボフスラフ・マルティヌー - Bohuslav Martinů (1890-1959)

**:**
スロヴァキア民謡による変奏曲 H. 378
4.

Variations on a Slovak Folksong, H. 378

録音: 28-30 December 2020, 04 January 2021, Great Concert Hall, University for Music and Theater Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738192

ティボール・ハルシャーニ - Tibor Harsányi (1898-1954)

**:**
チェロ・ソナタ

Cello Sonata

録音: 28-30 December 2020, 04 January 2021, Great Concert Hall, University for Music and Theater Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738193
**:**
»  I. Sempre Allegro
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Vivace
7.

-

アレクサンドル・チェレプニン - Alexander Tcherepnin (1899-1977)

**:**
歌と踊り Op. 84

Songs and Dances, Op. 84

録音: 28-30 December 2020, 04 January 2021, Great Concert Hall, University for Music and Theater Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738194
**:**
»  No. 1. Georgian Song
8.

-

**:**
»  No. 2. Tartar Dance
9.

-

**:**
»  No. 3. Russian Song
10.

-

**:**
»  No. 4. Kazakh Dance
11.

-

マルセル・ミハロヴィチ - Marcel Mihalovici (1898-1985)

**:**
抒情的な情景のようなソナタ Op. 108
12.

Sonata in the character of a lyrical scene, Op. 108

録音: 28-30 December 2020, 04 January 2021, Great Concert Hall, University for Music and Theater Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738195
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/06/01
第一次大戦終戦後、若く希望に満ちた才能ある作曲家たちがフランスの中心都市に集まりました。1925年、出版業を営むミシェル・ディラールは彼らの中でも突出した才能を持つ5人の作曲家、ハルシャーニ、タンスマン、マルティヌー、チェレプニン、ミハロヴィチのグループのために「エコール・ド・パリ(パリ派)」という名前を造りました。東ヨーロッパ出身の彼らは、みなフランスを中心として活躍しながらも、自身の音楽的ルーツの探求に余念がありませんでした。このアルバムには、ピアティゴルスキーに捧げられたハルシャーニの「ラプソディ」やミハロヴィチのソナタなどの世界初録音を含む、各々の作曲家が自国の民族音楽と西洋音楽の融合を試み成功した作品を収録。ウェン=シン・ヤンの雄弁なチェロとトリンドルのピアノが作品の持ち味を生かした演奏を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。