ホーム > アルバム > OC492 変則調弦によるヴァイオリン作品集 - イザイ/ビーバー/アギーレ(ツォリナ/シナイスキ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC492
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ウジェーヌ・イザイ Eugène Ysaÿe , フェレンツ・ヴェチェイ Ferenc von Vecsey , カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns , ハインリヒ・イグナーツ・フランツ・フォン・ビーバー Heinrich Ignaz Franz von Biber , Louis Aguirre , Giacomo Platini
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
エフゲニー・シナイスキ Evgeny Sinaiski , ヴァレリア・ツォリナ Valeria Zorina

変則調弦によるヴァイオリン作品集 - イザイ/ビーバー/アギーレ(ツォリナ/シナイスキ)

Violin and Piano Recital: Zorina, Valeria / Sinaiski, Evgeny - YSAŸE, E. / BIBER, H.I.F. von / AGUIRRE, L.F. (Soundmaps Extended Realities)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC492

全トラック選択/解除

ウジェーヌ・イザイ - Eugène Ysaÿe (1858-1931)

**:**
悲劇的な詩 Op. 12 (ヴァイオリンとピアノ版)
1.

Poème élégiaque, Op. 12 (version for violin and piano)

録音: December 2019, Concert Hall of Teresa Berganza Conservatory, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738942
**:**
ロザリオのソナタ第9番 「十字架を背負う」

Mystery (Rosary) Sonata No. 9, "Jesus Carries the Cross"

録音: December 2019, Concert Hall of Teresa Berganza Conservatory, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738953
**:**
»  I. Sonata
2.

-

**:**
»  II. Courante - Double
3.

-

**:**
»  III. Finale
4.

-

Louis Aguirre (1965-)

**:**
4つの夜想曲とマスク

4 Noctures with Masks

録音: December 2019, Concert Hall of Teresa Berganza Conservatory, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738954
**:**
»  No. 1. Winter
5.

-

**:**
»  No. 2. Dies Irae
6.

-

**:**
»  No. 3. Adoration
7.

-

**:**
»  No. 4. Dust of Snow
8.

-

フェレンツ・ヴェチェイ - Ferenc von Vecsey (1893-1935)

**:**
北国の夜
9.

Nuit du Nord (Northern night)

録音: December 2019, Concert Hall of Teresa Berganza Conservatory, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738955

Giacomo Platini (1967-)

**:**
4つの思い出

Four Souvenirs

録音: December 2019, Concert Hall of Teresa Berganza Conservatory, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738956
**:**
»  I. —
10.

-

**:**
»  II. —
11.

-

**:**
»  III. —
12.

-

**:**
»  IV. —
13.

-

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
死の舞踏 ト短調 Op. 40 (ヴァイオリンとピアノ編)
14.

Danse macabre, Op. 40 (arr. for violin and piano)

録音: December 2019, Concert Hall of Teresa Berganza Conservatory, Madrid, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8738957
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/06/01
このアルバムに収録された作品は、どれもヴァイオリンのスコルダトゥーラ(変則調弦)が用いられています 。スコルダトゥーラは、作曲家が通常の調弦では出せない響きを求める時に使われる技法で、聞く人に緊張感をもたらしたり、非日常の世界を感じさせるような効果があります。その代表作とされるビーバーのロザリオのソナタに始まり、イザイやサン=サーンスの「死の舞踏」を経て現代作品に至る収録作を、3台のヴァイオリンと7種類の調弦を使い分けて演奏することで、タイトルにあるExtended Reality(拡張現実)を表現しようというアルバムです。演奏しているヴァレリア・ツォリナはモルダヴィア出身のヴァイオリニスト。「ナショナル・ヤング・アーティスト・コンペティション」やカールスルーエ国際室内楽コンクールなど数多くのコンクールで優勝を飾り、ソリスト、室内楽奏者として活躍しています。2また、2015年からはマドリットの音楽学校「Centro Superior Katarina Gurska(CSKG)」で大学院の教授を務めています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。