ホーム > アルバム > OC647 マーラー:交響曲第2番「復活」(エルツェ/シュースター/ケルン・ギュルツェニヒ管/シュテンツ)

マーラー:交響曲第2番「復活」(エルツェ/シュースター/ケルン・ギュルツェニヒ管/シュテンツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC647
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
フリードリヒ・ゴットリープ・クレプストック Friedrich Gottlieb Klopstock , 伝承 Traditional
アーティスト
クリスティアーネ・エルツェ Christiane Oelze , ケルン・カルタウザー・カントライ Kartauser Kantorei, Cologne , ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 Cologne Gürzenich Orchestra , ケルン・バッハ合唱団 Cologne Bach-Verein , ケルン音楽大学室内合唱団 Cologne Hochschule fur Musik Chamber Choir , ケルン音楽大学マドリガル合唱団 Cologne Hochschule fur Musik Madrigal Choir , ミヒャエラ・シュースター Michaela Schuster , マルクス・シュテンツ Markus Stenz , ボン・フィギュラルコール Bonn Figuralchor

マーラー:交響曲第2番「復活」(エルツェ/シュースター/ケルン・ギュルツェニヒ管/シュテンツ)

MAHLER, G.: Symphony No. 2 (Oelze, Schuster, Cologne Gurzenich Orchestra, Stenz)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC647

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第2番 ハ短調 「復活」

Symphony No. 2 in C Minor, "Resurrection"

録音: 23-27 October 2010, Kolner Philharmonie, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1087204
**:**
»  I. Allegro maestoso
1.

-

Disc 2

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第2番 ハ短調 「復活」

Symphony No. 2 in C Minor, "Resurrection"

録音: 23-27 October 2010, Kolner Philharmonie, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1087204
**:**
»  II. Andante moderato
1.

-

**:**
»  III. In ruhig fliessender Bewegung
2.

-

**:**
»  IV. Urlicht: Sehr feierlich, aber schlicht
3.

-

**:**
»  V. Finale: Im Tempo des Scherzos
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
純器楽作品である第5番、ソプラノを伴う第4番。続くシュテンツのマーラー・ツィクルスは合唱を伴う第2番へと移ります。ソプラノ、メゾ・ソプラノのソロと合唱を伴うこの「復活交響曲」のために、ケルンとボンから5つの合唱団と、2人の名歌手が力を合わせました。今作もシュテンツは作曲家の真意を汲むために、入念なスコアの読み込みを行い、確固たる表現力でこの大作を見事に形にしています。またホールの空気感までをも余さず捉えた素晴らしい録音にも注目。全てのマーラー・ファンへ捧げます。
レビュアー: yasu 投稿日:2016/12/16
現在オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団、ボルティモア交響楽団の指揮を務めるドイツ人指揮者、マルクス・シュテンツが来日し、読売日本交響楽団を指揮します。曲目は1年を締めくくるにふさわしいベートーヴェンの第九。東京、横浜、大阪で7公演を予定しています。ご紹介のアルバムは、2010年にNHK交響楽団を指揮した際に取り上げ、大好評を得たマーラーの「復活」。オーケストラは2014年まで首席を務めたケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団。オーケストラ、合唱、独唱、それぞれがぶつかることなく、完璧なまでのバランスが保たれた名演奏です。壮大なフィナーレは圧巻!第九の演奏も期待大です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。