ホーム > アルバム > OC756 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC756
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
編曲者
フリッツ・クライスラー Fritz Kreisler
アーティスト
ホセ・ガリャルド José Gallardo , Friederike Starkloff

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集

MOZART, W.A.: Violin and Piano Music (Starkloff, Gallardo)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC756

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第25番 ヘ長調 K. 377

Violin Sonata No. 25 in F Major, K. 377

録音: 18-20 February 2011, Konzertsaal der Universitat Augsburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1702110
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Theme and Variations: Andante
2.

-

**:**
»  III. Tempo di Minuetto
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第32番 変ロ長調 K. 454

Violin Sonata No. 32 in B-Flat Major, K. 454

録音: 18-20 February 2011, Konzertsaal der Universitat Augsburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1709846
**:**
»  I. Largo - Allegro
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegretto
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第35番 イ長調 K. 526

Sonata for Keyboard and Violin No. 35 in A Major, K. 526

録音: 18-20 February 2011, Konzertsaal der Universitat Augsburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1709847
**:**
»  I. Molto allegro
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Presto
9.

-

 
**:**
セレナード第7番 ニ長調 「ハフナー」 K. 250 - 第4楽章 ロンド(編曲:F. クライスラー)
10.

Serenade No. 7 in D Major, K. 250, "Haffner": IV. Rondo: Allegretto (arr. F. Kreisler)

録音: 18-20 February 2011, Konzertsaal der Universitat Augsburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1709848
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/08/06
1990年ケムニッツで生まれたシュタルクロフ、5歳からヴァイオリンを始め、プフリューガー財団から奨学金を得て、W.マルシュナーとA.マシューからヴァイオリンを学び、そのまま現在に至ります。1998年に「若き音楽家」のコンクールで1等賞を得たのを皮切りに、ソロ、室内楽を含めて数多くの賞を獲得。2005年にMiroslaw Lawrynowicz国際ヴァイオリン・コンクールや、第10回シュポア国際コンクールなど様々なコンクールで彼女の姿を見ることができます。彼女の演奏は、巧みなフレージングと美しい音色が特徴。 もちろん、ぐいぐい押すところのパワーは底知れず・・・。変幻自在なモーツァルトの音楽を軽くいなしているところは、まさに未来の大器です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。