ホーム > アルバム > OC759 シューマン/フランク/ルジツカ/サン=サーンス:チェロ作品集(ラドゥティウ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC759
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns , ロベルト・シューマン Robert Schumann , セザール・フランク César Franck , ペーター・ルジツカ Peter Ruzicka
編曲者
ジュール・デルサール Jules Delsart , ファレンティン・ラドゥティウ Valentin Radutiu
アーティスト
ファレンティン・ラドゥティウ Valentin Radutiu , ペール・ルンドベリ Per Rundberg

シューマン/フランク/ルジツカ/サン=サーンス:チェロ作品集(ラドゥティウ)

Cello Recital: Radutiu, Valentin - SCHUMANN, R. / FRANCK, C. / RUZICKA, P. / SAINT-SAENS, C.

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC759

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
民謡風の5つの小品 Op. 102

5 Stucke im Volkston (5 Pieces in Folk Style), Op. 102

録音: 6-8 March 2010, MDR-Studio Leipzig, Augustusplatz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/940401
**:**
»  No. 1. Mit Humor
1.

-

**:**
»  No. 2. Langsam
2.

-

**:**
»  No. 3. Nicht schnell, mit viel Ton zu spielen
3.

-

**:**
»  No. 4. Nicht zu rasch
4.

-

**:**
»  No. 5. Stark und markiert
5.

-

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ イ長調 M. 8 (J. デルサールによるチェロとピアノ編)

Violin Sonata in A Major, M. 8 (arr. J. Delsart for cello)

録音: 6-8 March 2010, MDR-Studio Leipzig, Augustusplatz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/940402
**:**
»  I. Allegro ben moderato
6.

-

**:**
»  II. Allegro
7.

-

**:**
»  III. Recitativo - Fantasia: Ben moderato - Largamento con fantasia
8.

-

**:**
»  IV. Allegro Moderato
9.

-

ペーター・ルジツカ - Peter Ruzicka (1948-)

**:**
レチタティーヴォ
10.

Recitativ (Recitative)

録音: 6-8 March 2010, MDR-Studio Leipzig, Augustusplatz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/940403

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 Op. 28 (V. ラドゥティウによるチェロとピアノ編)
11.

Introduction et rondo capriccioso in A Minor, Op. 28 (arr. V. Radutiu for cello and piano)

録音: 6-8 March 2010, MDR-Studio Leipzig, Augustusplatz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/940404
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/03/01
1986年にミュンヘンに生まれたチェリスト、ラドゥティウ。彼は6歳の時に父親から最初のチェロのレッスンを受け、たちまちその才覚を表しました。2001年から2005年まで、ザルツブルクのモーツァルテウム大学でクレメンス・ハーゲンと学んだ後、ウィーンでハインリヒ・シフ(彼には今でも学んでいる)の下で学びます。その後2007年から2009年までは、ベルリンのハンス・アイスラー・アカデミー・オブ・ミュージックでD.ゲリンガスの最後の学生の一人となりました。もちろん内外のコンクールでも数多くの入賞歴を持っていて、中でも2008年にリガで開催された「カール・ダヴィドフ国際コンクール」での1位と、バッハの解釈に与えられた特別賞は、彼の経歴の中でもとりわけ輝くものとなっています。そんな、現在のドイツで最も将来有望視されている彼のデビュー・アルバムは、世界初録音となるルジツカの依嘱作品を含む、幅広いレパートリーからなるものです。今後の彼の活躍が容易に想像できそうな、柔軟な音楽性が魅力です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。