ホーム > アルバム > OC783 J.S. バッハ:カンタータ集 - BWV 131, 182 (ミュンヘン・アルチス=ヴォーカリステン/アルパ・フェスタンテ・バロック管/グロッパー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC783
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , パウル・シュトックマン Paul Stockmann , サロモ・フランク Salomo Franck , バルトロマウス・リンクヴァルト Bartholomäus Ringwaldt
アーティスト
アルパ・フェスタンテ・バロック管弦楽団 Baroque Orchestra L'arpa Festante , マクシミリアン・キーナー Maximilian Kiener , トーマス・グロッパー Thomas Gropper , フランツ・シュレヒト Franz Schlecht , ミュンヘン・アルチス=ヴォーカリステン Arcis-Vocalisten Munich , レジーネ・ユルダ Regine Jurda

J.S. バッハ:カンタータ集 - BWV 131, 182 (ミュンヘン・アルチス=ヴォーカリステン/アルパ・フェスタンテ・バロック管/グロッパー)

BACH, J.S.: Cantatas - BWV 131 and 182 (Arcis-Vocalisten Munich, Baroque Orchestra L'arpa Festante, Gropper)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC783

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
主よ、深き淵より、われ汝を呼ぶ BWV 131

Aus der Tiefen rufe ich, Herr, zu dir, BWV 131

録音: 30 April - 2 May 2010, Himmelfahrtskirche Sendling, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/840301
**:**
»  Sinfonia - Aus der Tiefen rufe ich, Herr, zu dir (Chorus)
1.

-

**:**
»  Arioso: So du willst, Herr, Sunde zurechnen (Bass) - Chorale: Erbarm dich mein in solcher Last (Chorus Sopranos)
2.

-

**:**
»  Ich harre des Herrn (Chorus)
3.

-

**:**
»  Aria: Meine Seele wartet auf den Herrn (Tenor) - Chorale: Und weil ich denn in meinem Sinn (Chorus Altos)
4.

-

**:**
»  Israel, hoffe auf den Herrn (Chorus)
5.

-

 
**:**
天の王よ、よくぞ来ませり BWV 182

Himmelskonig, sei willkommen, BWV 182

録音: 30 April - 2 May 2010, Himmelfahrtskirche Sendling, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/850338
**:**
»  Sonata
6.

-

**:**
»  Himmelskonig, sei willkommen (Chorus)
7.

-

**:**
»  Recitative: Siehe, ich komme (Bass)
8.

-

**:**
»  Aria: Starkes Lieben (Bass)
9.

-

**:**
»  Aria: Leget euch dem Heiland unter (Alto)
10.

-

**:**
»  Aria: Jesu, lass durch Wohl und Weh (Tenor)
11.

-

**:**
»  Chorale: Jesu, deine Passion (Chorus)
12.

-

**:**
»  So lasset uns gehen in Salem der Freuden (Chorus)
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/02/01
ミュンヘンの劇場・音楽アカデミーのおよそ50人の学生たちをメンバーとする「ミュンヘン・アルチス=ヴォーカリステン」はミュンヘンやバイエルンの声楽付き演奏会で大活躍中。このアルバムでもぞくぞくするばかりの歌声を披露しています。このアルバムにはバッハの2つの初期カンタータを収録。BWV131は恐らく最も早いカンタータと言われ、1707年に作曲されました。用途は不明ですが、当時のバッハの任地であったミュールハウゼンは、その少し前に大火にあっていて、7月に神を鎮めるための礼拝が行われ、そのために書かれたものという説もあります。聖書の詩篇130番の全編ををテキストとして用い、途中に懺悔をテーマとするコラールを挟みこむなど、工夫の凝らされた曲となっています。BWV182はワイマールの宮廷楽師長に就任したばかりの1714年の作品です。月に1作、カンタータを演奏することを義務つけられたバッハの気合いの入った作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。