ホーム > アルバム > OC797 モーツァルト:幻想曲 ハ短調/ピアノ・ソナタ第14番/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番/アンダンテ ヘ長調(ピコ=レオニス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC797
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
アレハンドロ・ピコ=レオニス Alejandro Pico-Leonis

モーツァルト:幻想曲 ハ短調/ピアノ・ソナタ第14番/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番/アンダンテ ヘ長調(ピコ=レオニス)

MOZART, W.A.: Fantasia in C Minor / Piano Sonata No. 14 / BEETHOVEN, L. van: Piano Sonata No. 21 / Andante in F Major, "Andante favori" (Pico-Leonis)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC797

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
幻想曲 ハ短調 K. 475

Fantasia in C Minor, K. 475

録音: 28 May, 21-22 June 2010, Teldex Studio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2070256
**:**
»  I. Adagio
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Andantino
3.

-

**:**
»  IV. Più allegro – Tempo I
4.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K. 457

Piano Sonata No. 14 in C Minor, K. 457

録音: 28 May, 21-22 June 2010, Teldex Studio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2070267
**:**
»  I. Molto allegro
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Allegro assai
7.

-

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 「ワルトシュタイン」 Op. 53

Piano Sonata No. 21 in C Major, Op. 53, "Waldstein"

録音: 28 May, 21-22 June 2010, Teldex Studio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2070268
**:**
»  I. Allegro con brio
8.

-

**:**
»  II. Introduzione: Adagio molto
9.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegretto moderato - Prestissimo
10.

-

 
**:**
アンダンテ・ファヴォリ ヘ長調 WoO 57
11.

Andante in F Major, WoO 57, "Andante favori"

録音: 28 May, 21-22 June 2010, Teldex Studio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2070269
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
前作「VARIATIONS」ではモーツァルトからショパンまで「変奏曲」の形式で書かれた作品を並べ、その溢れ出る表現力の一端を見せつけたスペイン生まれのアレハンドロ・ピコ=レオニス。今作でもまた興味深いプログラムが興味をそそります。モーツァルトの幻想曲K475と、ソナタK457は各々独立した作品ではありますが、曲調や楽想が密接に関連性を持ち、またセットで出版された事を鑑みると、モーツァルト自身も「同じグループに属する作品」と考えていたことは間違いなさそうです。また、ベートーヴェンの「ワルトシュタイン」と「アンダンテ・ファヴォリ」の関連についても良く知られていて、こちらは、最初ワルトシュタインの中間楽章として構想した楽章を、「長い」という理由で削除したベートーヴェンですが、結局、捨てるには忍びなく「お気に入り(Favori)」として独立させたもの。もちろん関連性はばっちりです。そんな4曲を絶妙の呼吸で演奏するピコ=レオニス。常に冷静沈着です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。