ホーム > アルバム > OC831 ペルゴレージ:スターバト・マーテル(抜粋)/「主の僕たちよ、主をほめたたえよ」(ラウダーテ・プエリ)(ホフシュテッター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC831
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲), 声楽曲
作曲家
ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ Giovanni Battista Pergolesi
作詞家
インノケンティウス3世 Pope Innocent III, , 旧約聖書 Bible - Old Testament , ヤコポーネ・ダ・トーデ Jacopone da Todi
アーティスト
テリー・ウェイ Terry Wey , ノイマイヤー・コンソート Neumeyer Consort , ヴェラール・バルナ=サバドゥス Valer Barna-Sabadus , ミハエル・ホフシュテッター Michael Hofstetter , Mainz Vocal

ペルゴレージ:スターバト・マーテル(抜粋)/「主の僕たちよ、主をほめたたえよ」(ラウダーテ・プエリ)(ホフシュテッター)

PERGOLESI, G.B.: Stabat Mater (excerpts) / Laudate pueri (Hofstetter)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC831

全トラック選択/解除

ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ - Giovanni Battista Pergolesi (1710-1736)

**:**
スターバト・マーテル(抜粋)

Stabat Mater (excerpts)

録音: March 2011, Roter Saal, Hochschule fur Musik der Universitat Mainz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2074950
**:**
»  Stabat mater dolorosa
1.

-

**:**
»  Cuius animam gementem
2.

-

**:**
»  O quam tristis et afflicta
3.

-

**:**
»  Quae moerebat et dolebat
4.

-

**:**
»  Quis est homo qui non fleret
5.

-

**:**
»  Vidit suum dulcem natum
6.

-

**:**
»  Eia mater, fons amoris
7.

-

**:**
»  Fac, ut ardeat cor meum
8.

-

**:**
»  Sancta Mater, istud agas
9.

-

**:**
»  Fac, ut portem Christi mortem
10.

-

**:**
»  Inflammatus et accensus
11.

-

**:**
»  Quando corpus morietur
12.

-

 
**:**
主の僕たちよ、主をほめたたえよ(ラウダーテ・プエリ)

Laudate pueri

録音: March 2011, Roter Saal, Hochschule fur Musik der Universitat Mainz, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2074951
**:**
»  Laudate
13.

-

**:**
»  A solis Ortu
14.

-

**:**
»  Excelsus super omnes
15.

-

**:**
»  Quis sicut Dominus
16.

-

**:**
»  Suscitans a terra
17.

-

**:**
»  Gloria Patri
18.

-

**:**
»  Sicut erat in principio
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
夭折の天才、ペルゴレージが死の直前に作曲したスターバト・マーテルは、その旋律の美しさで格別の人気を誇っています。最近の録音は、ほとんどが女声によって歌われていますが、ホフシュテッターはこの曲を純粋な教会音楽として位置付け、当時はカストラート2人によって歌われた事実から、独唱にカウンターテナーを起用することで、本来の姿へと近づけています。登場するのは、近頃、最も注目を浴びているカウンターテナー、ヴェラール・バルナ=サバドゥスと、元ウィーン少年合唱団の大スター、テリー・ヴァイ。この2人の共演から生み出される響きは、悲劇性に中にも、少しだけ倒錯的な美しさを備えたものであり、これまでにない演奏として高く評価されることでしょう。輝かしい神への讃歌である「ラウダーテ・プエリ」は、あまり耳にする機会のない曲ですが、こちらも絶品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。