ホーム > アルバム > OC870 パーセル/マッテイス/ダウランド:声楽作品集(バルナ=サバドゥス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC870
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 器楽曲, 声楽曲
作曲家
ジョン・ダウランド John Dowland , ヘンリー・パーセル Henry Purcell , アンソニー・プール Anthony Poole , ニコラ・マッテイス Nicola Matteis Sr.
作詞家
エイブラハム・コーリー Abraham Cowley , ジョン・ドライデン John Dryden , リチャード・ノートン Richard Norton , キャスリーン・フィリップス Katherine Philips , 不詳 Anonymous , ヘンリー・ヘヴニンガム Henry Heveningham
アーティスト
アクセル・ヴォルフ Axel Wolf , パヴェル・セルビン Pavel Serbin , ヴェラール・バルナ=サバドゥス Valer Barna-Sabadus , オルガ・ワッツ Olga Watts

パーセル/マッテイス/ダウランド:声楽作品集(バルナ=サバドゥス)

Vocal Recital: Barna-Sabadus, Valer - PURCELL, H. / MATTEIS, N. / DOWLAND, J. (To touch, to kiss, to die)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC870

全トラック選択/解除

ヘンリー・パーセル - Henry Purcell (1659-1695)

**:**
音楽が愛の糧であるならば Z. 379c
1.

If music be the food of love, Z. 379c

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2639296
 
**:**
彼女は恋し、愛をうちあける Z. 413
2.

She loves and she confesses too, Z. 413

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671938
 
**:**
歌劇「インドの女王」 Z. 630 - 第3幕 恋の病から逃れようとしても
3.

The Indian Queen, Z. 630, Act III: I Attempt from Love's Sickness

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671939
 
**:**
劇音楽「エディプス、テーベの王」 Z. 583 - つかの間の音楽
4.

Oedipus, King of Thebes, Z. 583: Music for a While

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671940
 
**:**
新しいグラウンド ホ短調 Z. T682
5.

A New Ground in E Minor, Z. T682

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671941
 
**:**
劇音楽「パウサニアス、または国を裏切った者」 Z. 585 - バラの花よりも甘く
6.

Pausanius, the Betrayer of his Country, Z. 585: Sweeter than roses

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671942
 
**:**
おお孤独よ、我が甘き選択 Z. 406
7.

O solitude, my sweetest choice, Z. 406

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671943

アンソニー・プール - Anthony Poole (-1692)

**:**
ジュスティナス
8.

St Justinas

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671944

ニコラ・マッテイス - Nicola Matteis Sr.

**:**
新しい歌のコレクション第1巻(抜粋)

A Collection of New Songs, Book 1 (excerpts)

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671945
**:**
»  No, you never loved like me
9.

-

**:**
»  Come, my dear
10.

-

**:**
»  It is not Celia in our pow'r
11.

-

**:**
»  In vain, Clorinda, you prepare
12.

-

**:**
»  When I Corinna's pity would implore
13.

-

**:**
»  No, my Cloe, let us leave this place
14.

-

ジョン・ダウランド - John Dowland (1563-1626)

**:**
ラクリメ P. 15
15.

Lachrimae, P. 15

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671950
 
**:**
歌曲集 第1巻 - もう一度帰っておいで、やさしい恋人よ
16.

Book of Songs, Book 1: Come again, sweet love doth now invite

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671946
 
**:**
歌曲集 第2巻 - 私は見た、あの人が泣いているのを
17.

Book of Songs, Book 2: I saw my lady weep

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671947
 
**:**
歌曲集 第2巻 - あふれよわが涙
18.

Book of Songs, Book 2: Flow, my tears, fall from your springs

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671948
 
**:**
歌曲集 第3巻 - 愛の神よ、見つけたことがあれば話して

Book of Songs, Book 3: Say, Love, if ever thou didst find

録音: 12 September 2012, Himmelfahrtskirche Munchen-Sendling, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2671949
**:**
»  Book of Songs, Book 3: Say love if ever thou didst find
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/12/01
「リローデッド・ハッセ」(OC830)でその才能を鮮烈に印象付けた次世代カウンターテナー、ヴェラール・バルナ=サバドゥス。彼の最新アルバムはパーセル、ダウランドを中心としたイギリス・ルネッサンス期の歌曲集です。愛、苦しみ、憧れ、死・・・溢れんばかりの事象をシンプルなメロディに閉じ込めたダウランドの歌。イタリアやフランスの華やかさも感じさせるパーセルの歌。そして1650年頃のイタリアに生まれながらも放浪の末に1670年頃にロンドンに落ち着いたというマッテイスの自由な歌。どれもチャーミングでありながらも人生の深遠を感じさせる完成度の高いものです。サバドゥスの歌とそれを支える器楽奏者たち。親密な空気はそれはそれは心地よいものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。