ホーム > アルバム > OC878 シュナイダー:チャットルーム(ジングフォニカー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC878
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル
作曲家
エンヨット・シュナイダー Enjott Schneider
作詞家
エンヨット・シュナイダー Enjott Schneider , 不詳 Anonymous , クリスティアン・モルゲンシュテルン Christian Morgenstern
アーティスト
ジングフォニカー Singphoniker, Die , ノイス・ドイツ・チェンバー・アカデミー German Chamber Academy Neuss

シュナイダー:チャットルーム(ジングフォニカー)

SCHNEIDER, E.: Chatroom (Die Singphoniker)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC878

全トラック選択/解除

エンヨット・シュナイダー - Enjott Schneider (1950-)

**:**
歌曲集 「明けの明星」(声楽アンサンブルと管弦楽)

Morgenstern-Liederbuch (version for vocal ensemble and orchestra)

録音: 30, 31 May, 15, 16 September 2012, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3264200
**:**
»  No. 1. Herr Meier
1.

-

**:**
»  No. 2. Das Knie
2.

-

**:**
»  No. 3. Wer denn?
3.

-

**:**
»  No. 4. Die Beichte des Wurms
4.

-

**:**
»  No. 5. Das Nasobem
5.

-

**:**
»  No. 6. Das Gebet
6.

-

**:**
»  No. 7. Das grosse Lalula
7.

-

 
**:**
愛の変奏曲

Variationen uber die Liebe (Variations about Love)

録音: 30, 31 May, 15, 16 September 2012, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3264201
**:**
»  No. 1. Allegro barbaro
8.

-

**:**
»  No. 2. Cantilena di notte
9.

-

**:**
»  No. 3. Tango delle abbreviature
10.

-

**:**
»  No. 4. Scherzissimo
11.

-

 
**:**
チャットルーム

Chatroom

録音: 30, 31 May, 15, 16 September 2012, Deutschlandfunk Kammermusiksaal, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3264202
**:**
»  No. 1. Hiiiii, welcome, bussiiiii, thx
12.

-

**:**
»  No. 2. Darkroom, oder: Ball der einsamen Herzen
13.

-

**:**
»  No. 3. LOL & HDGDL, - ein Chatlexikon
14.

-

**:**
»  No. 4. Ballade vom Mannerabend
15.

-

**:**
»  No. 5. Highspeedcyberdating
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/10/01
現代ドイツにおける映画音楽の第1人者であるエンヨット・シュナイダー。彼の作風はとても柔軟であり、ある時はマイケル・ナイマン風、ある時はニーノ・ロータ風の作品を易々書くかと思えば、新古典派の作品と見紛うばかりの激しいオルガン・トッカータを書くなど、本当に変幻自在な人と言えそうです。このアルバムに収録されている3つの作品も、当然の如くただものではありません。大真面目な風を装って書かれている「明けの明星」、なぜ愛なのか説明してほしい「愛の変奏曲」、そして少しだけ以前の世界を跋扈したインターネット・チャット(今ではLINEか?)。どれも真っ向から対峙しても理解するのは難しそうな曲たちです。しかし、これらをひたすら楽しく聴かせてくれるのが、ドイツで最も人気を博しているヴォーカル・グループ「ジンクフォニカー」の面々です。芸術とは何か、人生とは何か・・・うん。考えなくてもよいか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。