ホーム > アルバム > OC897 テレマン:ソナタ&協奏曲集(ラッカデミア・ジョコーサ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC897
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
アーティスト
ヘンリク・ヴィーゼ Henrik Wiese , 倉林麻貴子 Makiko Kurabayashi , シュテファン・シーリ Stefan Schilli , ラッカデミア・ジョコーサ L'Accademia Giocosa , Tobias Vogelmann

テレマン:ソナタ&協奏曲集(ラッカデミア・ジョコーサ)

TELEMANN, G.P.: Sonatas and Concertos (L'Accademia Giocosa)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC897

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
2つのオーボエとファゴットのための協奏曲 ト短調 TWV 53:g1

Concerto in G Minor for 2 Oboes and Bassoon, TWV 53:g1

録音: 24-25, 27-28 October and 3 November 2012, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3856475
**:**
»  I. Grave et detache
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. En Loure
3.

-

**:**
»  IV. Grave
4.

-

**:**
»  V. Allegro
5.

-

 
**:**
トリオ・ソナタ ニ長調 TWV 42:D13

Trio Sonata in D Major, TWV 42:D13

録音: 24-25, 27-28 October and 3 November 2012, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3856476
**:**
»  I. Largo
6.

-

**:**
»  II. Allegro
7.

-

**:**
»  III. Adagio
8.

-

**:**
»  IV. Allegro
9.

-

 
**:**
フルート、ヴァイオリンと通奏低音のためトリオ・ソナタ ト短調 TWV 42:g13

Trio Sonata in G Minor for flute, violin and basso continuo, TWV 42:g13

録音: 24-25, 27-28 October and 3 November 2012, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3856477
**:**
»  I. Adagio
10.

-

**:**
»  II. Allegro
11.

-

**:**
»  III. Adagio
12.

-

**:**
»  IV. Allegro
13.

-

 
**:**
四重奏曲 変ロ長調 TWV 43:B1

Quartet in B-Flat Major, TWV 43:B1

録音: 24-25, 27-28 October and 3 November 2012, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3856478
**:**
»  I. Allegro
14.

-

**:**
»  II. Adagio
15.

-

**:**
»  III. Vivace
16.

-

 
**:**
フルート協奏曲 ニ長調 TWV Anh. 51:D

Flute Concerto in D Major, TWV Anh. 51:D

録音: 24-25, 27-28 October and 3 November 2012, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3856479
**:**
»  I. Affettuoso
17.

-

**:**
»  II. Allegro
18.

-

**:**
»  III. Adagio
19.

-

**:**
»  IV. Menuet
20.

-

 
**:**
ソナタ ホ短調 TWV 50:4

Sonata in E Minor, TWV 50:4

録音: 24-25, 27-28 October and 3 November 2012, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, Munich, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3856480
**:**
»  I. Gravement
21.

-

**:**
»  II. Alla breve
22.

-

**:**
»  III. Air
23.

-

**:**
»  IV. Tendrement
24.

-

**:**
»  V. Gay
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/07/01
テレマン(1681-1767)の作品は非常に広範囲に渡っていて、当時存在したほとんどのジャンルをカバーしていたといっても過言ではないほどです。彼はその作品中、様々な楽器を縦横無尽に用いていますが、その音楽の本質はカンタービレにあり、どの楽器もその特色を存分に披露しながら高らかにメロディを歌い上げています。当時流行の兆しを見せていたフランス風の形式も取り入れながら、ある時はポーランドの民俗的なものの影響も感じさせるこれらの豊かな音楽を、バイエルン放送響の首席オーボエ奏者シュテファン・シッリを中心としたアンサンブル、ル・アカデミア・ジョコーサが壮麗に、賑やかに演奏しています。現在、古楽奏法の最先端を行くオランダの奏者たちと2人の日本人演奏家も、アンサンブルに高く貢献しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。