ホーム > アルバム > OC930 プフィッツナー:歌劇「パレストリーナ」(ブロンダー/シュタルマイスター/マーンケ/コッホ/フランクフルト歌劇場管/K. ペトレンコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC930
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ハンス・プフィッツナー Hans Pfitzner
作詞家
ハンス・プフィッツナー Hans Pfitzner
アーティスト
フランク・ファン・アーケン Frank van Aken , キム・スンコン Sungkon Kim , ヨハネス・マルタン・クレンツレ Johannes Martin Kränzle , リチャード・コックス Richard Cox , ウォルフガング・コッホ Wolfgang Koch , ブリッタ・シュタルマイスター Britta Stallmeister , ミヒャエル・ナジ Michael Nagy , マグヌス・バルトヴィンソン Magnús Baldvinsson , ディートリヒ・フォッレ Dietrich Volle , フランクフルト歌劇場管弦楽団 Frankfurt Opera and Museum Orchestra , フランクフルト歌劇場合唱団 Frankfurt Opera Chorus , ピーター・ブロンダー Peter Bronder , キリル・ペトレンコ Kirill Petrenko , ペーター・マーシュ Peter Marsh , クラウディア・マーンケ Claudia Mahnke , フランツ・マイヤー Franz Mayer , カタリーナ・マギエラ Katharina Magiera , アルフレッド・ライター Alfred Reiter , ハンス=ユルゲン・ラザール Hans-Jürgen Lazar

プフィッツナー:歌劇「パレストリーナ」(ブロンダー/シュタルマイスター/マーンケ/コッホ/フランクフルト歌劇場管/K. ペトレンコ)

PFITZNER, H.: Palestrina [Opera] (Bronder, Stallmeister, Mahnke, Koch, Frankfurt Opera, K. Petrenko)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC930

全トラック選択/解除

Disc 1

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
歌劇「パレストリーナ」

Palestrina

録音: June 2010, Oper Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1982427
**:**
»  Prelude
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Schonste, ungnad' ge Dame (Silla)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ighino, gut, dass ich dich seh! (Silla, Ighino)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Der Gram des alten Vaters (Silla, Ighino)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Schonste, ungnad'ge Dame - Scene 3: Seltsamliche Gerausche hort man hier (Silla, Borromeo, Palestrina)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Es drohet nicht von eitlen Dilettanten (Borromeo)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Die Gegensatze all' zu einen (Borromeo)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Wie schon ist, was lhr sagt! (Palestrina, Borromeo)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Ich kann Euch nicht verstehn (Borromeo, Palestrina)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Der letzte Freund (Palestrina)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Fur ihn! Sein Wesen will's (The Masters, Palestrina)
11.

-

Disc 2

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
歌劇「パレストリーナ」

Palestrina

録音: June 2010, Oper Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1982427
**:**
»  Act I Scene 5: Nicht ich - schwach bin ich (Palestrina, The Masters)
1.

-

**:**
»  Act I Scene 5: Was einst mir hochstes Gluck (Palestrina, The Masters)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Allein in dunkler Tiefe (Palestrina, The Angels)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Nah war ich dir (Lucrezia, The Angels, Palestrina)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Ighino, sieh doch, komm herein! (Silla, Ighino)
5.

-

**:**
»  Act II: Prelude
6.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Noch eine Bank! Und schnell! (Severolus, Novagerio, The Servants)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Morone ist von innsbruck schon herein (Novagerio, Madruscht, Borromeo)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Ein liebreich wurd'ger Herr (Borromeo, Novagerio)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 3: So wird, was in den letzten Wochen er neu begehrte (Borromeo, Novagerio)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Zahlreich wird heut' die heilige Versammlung (Lorraine, Madruscht, Novagerio, Borromeo, Brus)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Die Italiener dort seht! (The Spaniards, Luna, Budoja)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Geliebte Bruder (Budoja, Budoja's Group, Bishops, Theophilus, Grosseto, A Doctor, Morone, Novagerio)
13.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Von weither wandert' ich (Abdisu, Budoja)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Ich, Ercole Severolus (Severolus)
15.

-

Disc 3

ハンス・プフィッツナー - Hans Pfitzner (1869-1949)

**:**
歌劇「パレストリーナ」

Palestrina

録音: June 2010, Oper Frankfurt, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1982427
**:**
»  Act II Scene 5: Den heil'gen Geist (Morone, Budoja, Severolus, Luna)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Ihr wisst, von des Kaisers Propositionen (Morone, Avosmediano, Severolus, Lorraine, Novagerio, Brus, Madruscht, Budoja, Borromeo)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Die nachsten zu beredenden Artikel (Morone, Severolus, Brus, Novagerio, Luna, Lorraine, The Spaniards, Budoja)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Beliebt's Euch, Vater (Morone, The Italians, Avosmediano, Lorraine, Severolus, Abdisu, Luna, The Spaniards, Budoja)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Was nun! Was nun! (Morone, Novagerio, Budoja, Lorraine)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 7: Habt ihr's gesehn? (The Spaniards, Germans and Italians, Madruscht)
6.

-

**:**
»  Act III: Prelude
7.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Wie lange sie bleiben (Singers, Palestrina, Ighino)
8.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Als sie dich griffen und banden (Ighino, Voices from the Street)
9.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Ist Palestrina, der Meister, hier? (Papal Singers, The New Group)
10.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Wie einst im himmlischen Zion (Pope Piùs IV)
11.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Die Messe, ach, der Messe susses Licht! (Borromeo, Palestrina)
12.

-

**:**
»  Act III Scene 2: O Vater, wirst du nun auch wieder froh? (Ighino, Palestrina, Voices from the Street)
13.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Nun schmiede mich (Palestrina)
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
厳格な教皇ピウス4世によって、ポリフォニー様式のミサ曲の全廃が検討されていた頃(多声ではなく、グレゴリオ聖歌のような単旋律に戻そうという動き)、それを危惧した枢機卿ボロメオがパレストリーナに新作ミサ曲を依頼します。パレストリーナの弟子や息子は、その時代の前衛音楽に心惹かれています。年齢と能力の衰えを理由に、一度は依頼を断ろうとしたパレストリーナですが、その夜に過去の巨匠たちの幻影や、天使たちが現れ、それに拠って霊感を得たパレストリーナは、美しいミサ曲を書き上げます。
トリエントの宗教会議では、スペインとイタリアの間で激しい紛争が起こりますが、パレストリーナが書いたミサ曲のおかげで解決します。しかし、結局のところ、彼自身は自らの引き際を感じ、最後は祈りで終息します。
後期ロマン派の作曲家、プフィッツナーによる大作「パレストリーナ」。この作品は実在の作曲家パレストリーナが「教皇マルチェルスのミサ曲」を書くにあたってのエピソードを中心に、芸術家の厳しい自律の精神と、16世紀当時の宗教問題も交え描かれた壮大なるドラマです。1917年にワルターの指揮で初演され、トーマス・マンを始めとした文化人たちに高く評価されました。高い倫理性と哲学的な真摯さを持ち、また、パレストリーナが霊感を得る場面からミサを書き上げるまでの音楽の素晴らしさは、言葉に尽くせません。
ドイツでは非常に大切にされているこの作品、オペラに付き物の恋愛要素はありませんし、なかなか理解するのは難しいかもしれませんが、過去にはクーベリックの名演があったり、最近では見事な映像もリリースされているので、一度味わってみてはいかがでしょう?素晴らしい歌手陣とペトレンコの集中力ある指揮が、このドラマを一気呵成に聴かせます。
レビュアー: yasu 投稿日:2017/09/23
サイモン・ラトルの後任として、2018年にベルリン・フィルの首席指揮者・芸術監督に就任する注目の指揮者キリル・ペトレンコが、バイエルン国立歌劇場を率いて来日します。来日の演目はワーグナーの「タンホイザー」。オペラ指揮者でデビューし、バイロイト音楽祭にも招かれるほどに各方面からの評価が高いペトレンコ。今年の5月にバイエルンでもタンホイザーの公演を行っており、大変好評だったようです。まだ録音の少ないペトレンコの代表的録音のひとつ、プフィッツナーの3時間に及ぶ大作オペラ「パレストリーナ」。この作品は、今回の公演で演奏するワーグナーとは毛色が異なりますが、彼の繊細な指揮を十分にお聴きいただくことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。