ホーム > アルバム > OC951 ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」(ケルメス/リッペルト/ルートヴィヒスブルク城音楽祭合唱団&管弦楽団/ホフシュテッター)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC951
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi
作詞家
サルヴァドーレ・カッマラーノ Salvadore Cammarano
アーティスト
ジモーネ・ケルメス Simone Kermes , カミッラ・デ・ファッレイロ Camilla De Falleiro , ミリェンコ・トゥルク Miljenko Turk , イヴォンヌ・ナエフ Yvonne Naef , ミハエル・ホフシュテッター Michael Hofstetter , ヘルベルト・リッペルト Herbert Lippert , ルートヴィヒスブルク音楽祭合唱団 Ludwigsburger Festspiele Choir , ルートヴィヒスブルク音楽祭管弦楽団 Ludwigsburger Festspiele Orchestra , ヨーゼフ・ワーグナー Josef Wagner , Sebastian Bollacher , Daniel Martinez-Corvera

ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」(ケルメス/リッペルト/ルートヴィヒスブルク城音楽祭合唱団&管弦楽団/ホフシュテッター)

VERDI, G.: Trovatore (Il) (Kermes, Lippert, Turk, Naef, Ludwigsburger Schlossfestspiele Chorus and Orchestra, Hofstetter)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC951

全トラック選択/解除

Disc 1

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「イル・トロヴァトーレ」

Il trovatore

録音: 2 August 2009, Theatersaal, Ludwigsburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1384600
**:**
»  Act I: All'erta! all'erta! (Ferrando, Chorus)
1.

-

**:**
»  Act I: Che più t'arresti? (Ines, Leonora)
2.

-

**:**
»  Act I: Tace la notte! (Manrico, Conte, Leonora)
3.

-

**:**
»  Act II: Vedi, le fosche notturne (Anvil Chorus, Azucena)
4.

-

**:**
»  Act II: Soli or siamo! (Manrico, Azucena)
5.

-

**:**
»  Act II: Non son tuo figlio? (Manrico, Azucena)
6.

-

**:**
»  Act II: Tutto e deserto! (Conte, Ferrando)
7.

-

**:**
»  Act II: Perche piangete? (Conte, Ferrando, Leonora, Manrico, Ines, Ruiz, Chorus)
8.

-

Disc 2

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「イル・トロヴァトーレ」

Il trovatore

録音: 2 August 2009, Theatersaal, Ludwigsburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1384600
**:**
»  Act III: Or co'dadi, ma fra poco (Chorus, Ferrando)
1.

-

**:**
»  Act III: In braccio al mio rival! (Conte, Ferrando, Azucena, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act III: Quale d'armi fragor (Leonora, Manrico, Ruiz, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act IV: Siam giunti; ecco la torre (Ruiz, Leonora, Manrico)
4.

-

**:**
»  Act IV: Udiste? Come albeggi (Conte, Leonora)
5.

-

**:**
»  Act IV: Madre … non dormi? (Manrico, Azucena)
6.

-

**:**
»  Act IV: Che! … non m'inganna (Manrico, Leonora, Azucena, Conte)
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/04/10
全オペラ・ファン必携の1セット!オリジナル楽器で演奏する「トロヴァトーレ」全曲です。 オリジナル楽器(もしくはピリオド楽器)というと、どうしてもバッハ以前の音楽を演奏したものを想像してしまい、その響きに違和感を覚える人も少なくありません。しかし、ここではとりあえず、そのような偏見を捨てて、この瑞々しい音楽に耳を傾けてください。 学究肌の指揮者、ホフシュテッターは、バロック時代のオペラでの端正な表現が高く評価されていましたが、ここでは、どろどろの復讐劇に身を投じ、様々な誤解から生じた人間模様を鮮やかに描き切っています。歌い手にも注目。レオノーラ役は、これまたバロック物でおなじみ、ジモーネ・ケルメス。彼女が得意とするヴィヴァルディなどの歌い方とは明らかに様式の違う、ヴェルディのヒロインを類い稀なる高貴さで歌っています。アズチェーナ役のナエフも迫力満点。マンリーコを歌うのは、来日経験もあるリッペルト。実力派テノールとして着々と輝かしい道を歩んでいる期待の歌手です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。