ホーム > アルバム > OC957 ゴメス:歌劇「サルヴァトール・ローザ」(メンスケス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OC957
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
カルロス・ゴメス Carlos Gomes
作詞家
アントニオ・ギスランツォーニ Antonio Ghislanzoni
アーティスト
レイ・M・ウェイド Ray M. Wade , レシェク ・ヴォス Leszek Wos , トビア・ハークス Tobias Haaks , ブラウンシュヴァイク州立歌劇場合唱団 Braunschweig State Theatre Chorus , ブラウンシュヴァイク州立管弦楽団 Braunschweig State Orchestra , ゲオルク・メンスケス Georg Menskes , Kenneth Bannon , Sabine Brandt , Dae-Bum Lee , Simone Lichtenstein , Maria Porubcinova , Malte Roesner

ゴメス:歌劇「サルヴァトール・ローザ」(メンスケス)

GOMES, C.: Salvator Rosa [Opera] (Menskes)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC957

全トラック選択/解除

Disc 1

カルロス・ゴメス - Carlos Gomes (1836-1896)

**:**
歌劇「サルヴァトール・ローザ」

Salvator Rosa

録音: 20 January 2010, Staatstheater Braunschweig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2200673
**:**
»  Sinfonia
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Ebbene, Gennariello? (Gennariello, Salvator)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Vero figliuoi di Napoli (Gennariello, Salvator, Masaniello)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Duet: Ebben, quia nuove? (Salvator, Masaniello)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Sublime cor! … (Salvator)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Salvatore … celatevi … (Gennariello, Salvator, Conte di Bajadoz)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Viva l'arte e l'allegria! (Gennariello, Chorus)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Della truppe rispondi? (Salvator, Fernandez, Duca, Conte di Bajadoz)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 2: A patti coi ribelli scender dovrei? (Isabella, Salvatore, Duca, Conte, Chorus)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Quel dolce sguardo m'ha beato il cori … (Gennariello, Salvator, Masaniello, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 1: E' desso! … (Isabella, Duca)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Aria: E il foglio io segnero? (Duca)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Di Masaniello il messaggier! (Salvator, Duca)
13.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Duet: Di stupore ho l'alma (Isabella, Salvator)
14.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Per questa augusta immagine (Isabella, Salvator, Duca)
15.

-

**:**
»  Act II Scene 2: A festa! A festa! (Chorus)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Veh! Gennariello! (Gennariello, Corcelli, Chorus)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Largo! … (Gennariello, Masaniello, Corcelli, Chorus)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Aria: L'arbitro nostro … (Masaniello)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Viva! Viva! (Gennariello, Masaniello)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Dov'e l'eroe del popolo (All)
21.

-

Disc 2

カルロス・ゴメス - Carlos Gomes (1836-1896)

**:**
歌劇「サルヴァトール・ローザ」

Salvator Rosa

録音: 20 January 2010, Staatstheater Braunschweig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2200673
**:**
»  Act III Scene 1: Le tazze colmiamo! (Chorus)
1.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Strane parole mormorar lo intesi (Salvator, Fernandez, Conte, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Alla plebe libiamo! … (Masaniello, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Masaniel … Masaniello … (Salvator, Masaniello)
4.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Si cerchi Masaniello … (Salvator, Fernandez, Conte, Duca, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act III Scene 2: D'aura … di luce ho d'uopo (Isabella, Suor Ines, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Alla infelice suora (Isabella)
7.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Cielo! Mio padre! (Isabella, Duca, Chorus)
8.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Mia peccerella deh! (Gennariello, Conte, Corcelli)
9.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Chi e la? (Conte, Corcelli, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Duet: Salvatore! … (Isabella, Salvator)
11.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Trio: Ah! Ti trovo … (Isabella, Gennariello, Salvator)
12.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Padre! … In quelia chiesa (Isabella, Gennariello, Salvator, Duca, Chorus)
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
ブラジル出身のオペラ作曲家、アントーニョ・カルロス・ゴメスは、音楽一家に生まれ、早いうちから才能を示し、指揮者であった兄の助言を受け、芸術に理解のあった皇帝ドン・ペドロ2世の庇護を受けます。ブラジルで充分な音楽教育を受けるも、やはりオペラと言えばイタリア!ということで、皇帝から奨学金を賜り、1864年にイタリアへ留学、当時この地を席捲していたヴェルディから多大なる影響を受けたのです。このオペラは、彼の代表作の一つであり、実在の画家サルヴァトル・ローサ(1615-1673)をモデルにしたものです。優れた芸術家であったローサですが、なかなかの暴れん坊であり、1647年にナポリで起こった「マザニエッロの乱」に加わり、また生涯を終えたのも暴動に巻き込まれたためだったと言われます。そんな波乱万丈のローサの生き方に、ナポリ総督の娘イザベッラとの悲恋を合わせ、まるで「シモン・ボッカネグラ」を思わせる壮大な悲劇が生まれたのでした(ブックレットに挿入されている写真を見ると、ローサは革ジャンをすっきり着こなしたイケメンとして描かれています)。イタリア風の音楽でありながらも、やはり南米らしい滾る血潮が感じられます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。