ホーム > アルバム > OC985 グラナート:歌劇「オケアーネ」(ベングトソン/シューコフ/ポール/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団&管弦楽団/ラニクルズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OC985
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
デトレフ・グラナート Detlev Glanert
作詞家
ハンス=ウルリヒ・トライヒェル Hans-Ulrich Treichel , テオドール・フォンターネ Theodor Fontane
アーティスト
ニコライ・シューコフ Nikolai Schukoff , ドリス・ソッフェル Doris Soffel , ニコル・ハスレット Nicole Haslett , スティーヴン・ブロンク Stephen Bronk , アルベルト・ペセンドルファー Albert Pesendorfer , ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団 Berlin Deutsche Opera Chorus , ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団 Berlin Deutsche Opera Orchestra , マリア・ベングトソン Maria Bengtsson , クリストフ・ポール Christoph Pohl , ドナルド・ラニクルズ Donald Runnicles

グラナート:歌劇「オケアーネ」(ベングトソン/シューコフ/ポール/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団&管弦楽団/ラニクルズ)

GLANERT, D.: Oceane [Opera] (Bengtsson, Schukoff, Pohl, Deutsche Oper Berlin Chorus and Orchestra, Runnicles)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC985

全トラック選択/解除

Disc 1

デトレフ・グラナート - Detlev Glanert (1960-)

**:**
歌劇「オケアーネ」

Oceane

録音: 25 April, 15 and 17 May 2019, Deutschen Oper Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7605157
**:**
»  Act I Scene 1
1.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Schluss jetzt! (Geoge, Madame Louise)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Madame Louise. - Willkommen! (Gäste, Madame Louise, Pastor Baltzer, Kristina, Felgentreu, Martin)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Liebe Freunde, liebe Gäste! (Pastor Baltzer, Madame Louise, Gäste, Georg, Martin)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Polka Schottisch! (Georg, Felgentreu, Kristina, Martin, Madame Louise, Pastor Baltzer, Oceane)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 2: So schnell schon verzaubert? (Felgentreu, Georg, Martin, Kristina, Oceane)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Galopp! (Georg, Madame Louise, Pastor Baltzer, Gäste, Kristina, Felgentreu, Martin)
7.

-

**:**
»  Act I: Intermezzo 1
8.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Ich habe getanzt (Oceane)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Oceane … (Martin, Oceane)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Ah, er ist fort (Oceane)
11.

-

Disc 2

デトレフ・グラナート - Detlev Glanert (1960-)

**:**
歌劇「オケアーネ」

Oceane

録音: 25 April, 15 and 17 May 2019, Deutschen Oper Berlin
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7605157
**:**
»  Act II Scene 4
1.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Oceane! Oh Gott! (Kristina, Felgentreu, Martin, Gäste, Pastor Baltzer, Oceane)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Das Picknick wartet (Kristina, Martin, Felgentreu, Oceane)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Danket alle Gott! (Pastor Baltzer, Kristina, Felgentreu, Oceane, Martin)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Es gibt ein Wort, das lautet (Martin, Oceane)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Ja, Ja! Meine Geliebte! (Martin, Kristina, Felgentreu)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Der letzte Tag … (Madame Louise, Georg)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Die Fähre wartet (Gäste, Georg, Madame Louise, Kristina, Felgentreu, Pastor Baltzer, Martin)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Herr von Dircksen! (Pastor Baltzer, Gäste, Martin, Madame Louise, Kristina, Felgentreu)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Laub … Schnee … (Oceane)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Ich gehe fort (Oceane, Chorus)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/11/01
“七つの大罪”の詩を効果的に用いた「ヒエロニムス・ボスのためのレクイエム」で知られる現代ドイツの作曲家デトレフ・グラナートの最新作《オケアーネ》。2019年4月28日に初演され、ベルリンの新聞紙上で「近年最もエキサイティングなオペラのひとつ」と高く評価された作品です。ドイツの詩人テオドール・フォンターネの詩からインスピレーションを受けたハンス=ウルリッヒ・トライヒェルの台本は、“海に棲む神秘的な女性”オケアーネが感情を捉える能力と愛を求めて地上に訪れるという『人魚姫』を思わせる筋書き。断片的でありながらも人間の本質を描き出した問題作です。マリア・ベングトソンは美しく優雅な声で人智を超えた存在を歌い上げるとともに、テノールのジューコフは、オケアーネに関心を寄せるも、存在そのものを理解できない悲しい男性を見事に表出。グラナートが物語につけた幻想的な音楽は、ラニクルズによって感動的に演奏されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。