ホーム > アルバム > OC987 マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」/レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」(ディ・トロ/イヴェルセン/グラーツ歌劇場合唱団/グラーツ・フィル/リーニフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」/レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」(ディ・トロ/イヴェルセン/グラーツ歌劇場合唱団/グラーツ・フィル/リーニフ)

MASCAGNI, P.: Cavalleria rusticana / LEONCAVALLO, R.: Pagliacci [Operas] (Di Toro, Iversen, Graz Opera Chorus, Graz Philharmonic, Lyniv)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OC987

全トラック選択/解除

Disc 1

ピエトロ・マスカーニ - Pietro Mascagni (1863-1945)

**:**
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

Cavalleria rusticana

録音: 7, 19 October, 21 November 2018, 7 June 2019, Oper Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7630472
**:**
»  Prelude
1.

-

**:**
»  O Lola ch'ai di latti la cammisa, "Siciliana" (Turiddu)
2.

-

**:**
»  Gli aranci olezzano (Chorus)
3.

-

**:**
»  Dite, mamma Lucia (Santuzza, Lucia)
4.

-

**:**
»  Il cavallo scalpita (Alfio, Chorus)
5.

-

**:**
»  Beato voi, compar Alfio (Lucia, Alfio, Santuzza, Chorus)
6.

-

**:**
»  Inneggiamo, il Signor non è morto (Santuzza, Lucia, Chorus)
7.

-

**:**
»  Perché m'hai fatto Segno di tacere (Lucia, Santuzza)
8.

-

**:**
»  Tu qui, Santuzza? (Turiddu, Santuzza)
9.

-

**:**
»  Fior di giaggiolo (Lola, Turiddu, Santuzza)
10.

-

**:**
»  Ah! lo vedi (Turiddu, Santuzza)
11.

-

**:**
»  Oh! Il Signore vi manda (Santuzza, Alfio)
12.

-

**:**
»  Intermezzo sinfonico
13.

-

**:**
»  A casa, a casa (Chorus, Turiddu, Lola)
14.

-

**:**
»  A voi tutti, salute! (Alfio, Chorus, Turiddu, Lola)
15.

-

**:**
»  Mamma, quel vino è generoso (Turiddu, Lucia, Santuzza, Chorus)
16.

-

Disc 2

ルッジェーロ・レオンカヴァルロ - Ruggero Leoncavallo (1857-1919)

**:**
歌劇「道化師」

Pagliacci

録音: 7, 19 October, 21 November 2018, 7 June 2019, Oper Graz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7630488
**:**
»  Prologue: Prelude
1.

-

**:**
»  Prologue: Si può? Si può? Signore! Signori! (Tonio)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Eh! Son quà! Son quà! (Chorus, Canio, Beppe)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Un grande spettacolo a ventitré ore (Canio, Chorus, Tonio, Farmers, Beppe)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Un tal gioco, credetemi (Canio, Nedda, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 1: I zampognari! (Chorus, Canio)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Don, Din, Don (Chorus)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Qual fiamma avea nel guardo (Nedda)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Sei là! Credea che te ne fossi andato (Tonio, Nedda)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Nedda! … Silvio! A quest'ora che imprudenza (Silvio, Nedda)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Decidi il mio destin (Silvio, Nedda)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Non mi tentar! (Nedda, Silvio, Tonio)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Cammina adagio e li sorprenderai (Tonio, Silvio, Nedda, Canio)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Derisione e scherno! (Canio, Nedda, Beppe, Tonio)
14.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Recitar! Mentre preso dal delirio (Canio)
15.

-

**:**
»  Act I: Intermezzo
16.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Ohè! …Ohè! (Chorus, Tonio, Beppe, Silvio, Nedda)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Pagliaccio, mio marito (Nedda, Beppe)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 2: È dessa! Dei, come è bella! (Tonio, Nedda, Beppe)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Arlecchin! …Colombina! (Nedda, Beppe, Tonio)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Nome di Dio! Quelle stesse parole! (Canio, Nedda, Tonio)
21.

-

**:**
»  Act II Scene 2: No, Pagliaccio non son (Canio, Chorus, Silvio, Nedda)
22.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Suvvia, così terribile (Nedda, Canio, Beppe, Tonio, Silvio, Chorus)
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラにおける“新しい潮流”となったヴェリズモ・オペラを代表する2つの作品。マスカーニの《カヴァレリア・ルスティカーナ》、レオンカヴァッロの《道化師》。どちらも楽譜出版社ソンゾーニョ社主催の1幕物オペラ・コンクールの応募作品で、《カヴァレリア・ルスティカーナ》は優勝作として初演、《道化師》は2幕物だったため規定から外れていたものの、作品のすばらしさが社長の目に留まり、結局トスカニーニの指揮にて初演。どちらも大好評を博し、その人気は現在も衰えることがありません。ここでグラーツ・フィルハーモニーを指揮し、迫真の演奏を披露するのは2020年までオーケストラの首席指揮者を務める女性指揮者オクサーナ・リニフ。ウクライナの音楽一家に生まれ、16歳から指揮を志し、2004年4月にバンベルク交響楽団により開催された第1回グスタフ・マーラー指揮者コンクールに3位入賞。2013年から2014年にはバイエルン国立歌劇場でキリル・ペトレンコのアシスタントを務めるなど才能を発揮、グラーツ歌劇場をはじめとした世界的な舞台で活躍する俊才です。ここではオーストラリア出身のテノール歌手、アルド・ディ・トロを中心とした多彩な歌手たちをまとめるとともに、オーケストラから重厚な響きを紡ぎだしています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。