ホーム > アルバム > ODE1214-2 ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲/ウェーバーの主題による交響的変容/協奏音楽(五嶋みどり/北ドイツ放送響/エッシェンバッハ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ODE1214-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
パウル・ヒンデミット Paul Hindemith
アーティスト
クリストフ・エッシェンバッハ Christoph Eschenbach , 北ドイツ放送交響楽団 North German Radio Symphony Orchestra , 五嶋みどり Midori Goto

ヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲/ウェーバーの主題による交響的変容/協奏音楽(五嶋みどり/北ドイツ放送響/エッシェンバッハ)

HINDEMITH, P.: Violin Concerto / Symphonic Metamorphosis / Konzertmusik (Midori, North German Radio Symphony, Eschenbach)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1214-2

全トラック選択/解除

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
ウェーバーの主題による交響的変容

Symphonic Metamorphosis after Themes by Carl Maria von Weber

録音: 24, 26 October 2012, Laeiszhalle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3109346
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Scherzo (Turandot): Moderato - Lebhaft
2.

-

**:**
»  III. Andantino
3.

-

**:**
»  IV. Marsch
4.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

録音: 24, 26 October 2012, Laeiszhalle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3109347
**:**
»  I. Massig bewegte Halbe
5.

-

**:**
»  II. Langsam
6.

-

**:**
»  III. Lebhaft
7.

-

 
**:**
弦楽と金管のための協奏音楽 Op. 50

Konzertmusik, Op. 50, "Bostoner Sinfonie"

録音: 23 December 2011, Laeiszhalle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3109348
**:**
»  Part I: Massig schnell, mit Kraft - Sehr breit, aber stets fliessend
8.

-

**:**
»  Part II: Lebhaft - Langsam - Im ersten Zeitmass
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/06/01
2013年はヒンデミット(1895-1963)の没後50年にあたります。ONDINEレーベルはこれを記念して、エッシェッバッハ指揮によるNDR北ドイツ放送交響楽団と、現代最高のヴァイオリニスト、五嶋みどりによる「ヴァイオリン協奏曲」をリリース。この曲は難解な作品と言われていますが、過去にもオイストラフやスターン、カヴァコスなど名だたる名手たちが手掛けている作品であり、この演奏も一つの記念碑として後世に残るものとなるでしょう。1939年、その前年にスイスに亡命したヒンデミットが書いたこのヴァイオリン協奏曲は、戦争の影を反映しているとはいうものの、曲想は至って明るく勢いがあり、オーケストラ・パートもヴァイオリン・パートも極めて充実した書法で書かれています。ヴァイオリンの技巧の見せ所も多く、素晴らしく聴きごたえのある作品であることは間違いありません。エッシェンバッハとMIDORIの息詰まる対話をお楽しみください。ボストン交響楽団創立50周年記念の委嘱作品である「協奏音楽」と「ウェーバーの主題による~」の2曲のカップリングも嬉しい1枚です。
レビュアー: yasu 投稿日:2014/01/27
【祝!グラミー賞受賞!】第56回グラミー賞において、日本を代表するヴァイオリニストの五嶋みどりが参加したアルバムが「最優秀クラシック・コンペンディアム賞」を獲得しました。当アルバムでは、クリフトフ・エッシェンバッハの指揮でヒンデミットのヴァイオリン協奏曲を演奏しています。有名なウェーバーの主題による交響的変容とあわせて、現代最高のヴァイオリニストによる卓越のテクニックをご堪能ください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。