ホーム > アルバム > ODE1231-2 カンテリネン:バレエ音楽「雪の女王」(フィンランド国立歌劇場管/カンテリネン)

カンテリネン:バレエ音楽「雪の女王」(フィンランド国立歌劇場管/カンテリネン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ODE1231-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
トゥオマス・カンテリネン Tuomas Kantelinen
アーティスト
トゥオマス・カンテリネン Tuomas Kantelinen , フィンランド国立歌劇場管弦楽団 Finnish National Opera Orchestra

カンテリネン:バレエ音楽「雪の女王」(フィンランド国立歌劇場管/カンテリネン)

KANTELINEN, T.: Snow Queen (The) [Ballet] (Finnish National Opera Orchestra, Kantelinen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1231-2

全トラック選択/解除

トゥオマス・カンテリネン - Tuomas Kantelinen (1969-)

**:**
バレエ音楽「雪の女王」

Lumikuningatar (The Snow Queen)

録音: 2012, Finnish National Opera, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3186973
**:**
»  I. Johdanto (Opening)
1.

-

**:**
»  II. Lastenhuone (Children's Room)
2.

-

**:**
»  III. Kerttu ja Kai (Kerttu and Kai)
3.

-

**:**
»  IV. Kauppatori (Market Square)
4.

-

**:**
»  V. Iltalaulu (Evening Song)
5.

-

**:**
»  VI. Peili (Mirror)
6.

-

**:**
»  VII. Heraaminen (Waking Up)
7.

-

**:**
»  VIII. Lumimyrsky (Snow Storm)
8.

-

**:**
»  IX. Lumivalssi (Snow Waltz)
9.

-

**:**
»  X. Kaita etsimassa (Searching for Kai)
10.

-

**:**
»  XI. Lumihiutaleiden tanssi (Dance of the Snow Flakes)
11.

-

**:**
»  XII. Matka alkaa (The Journey Starts)
12.

-

**:**
»  XIII. Ruotsalainen tanssi (Swedish Dance)
13.

-

**:**
»  XIV. Espanjalainen tanssi (Spanish Dance)
14.

-

**:**
»  XV. Persialainen tanssi (Persian Dance)
15.

-

**:**
»  XVI. Manga-tytot (Manga Girls)
16.

-

**:**
»  XVII. Venalainen tanssi (Russian Dance)
17.

-

**:**
»  XVIII. Kerttu nukahtaa (Kerttu Falls Asleep)
18.

-

**:**
»  XIX. Kehtolaulu (Lullaby)
19.

-

**:**
»  XX. Sauna
20.

-

**:**
»  XXI. Sisainen kauneus (Inner Beauty)
21.

-

**:**
»  XXII. Viimeinen taistelu (Final Battle)
22.

-

**:**
»  XXIII. Pas de deux
23.

-

**:**
»  XXIV. Lasten tanssi (Children's Dance)
24.

-

**:**
»  XXV. Sen pituinen se (The End)
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/09/01
アンデルセンの「雪の女王」のお話は、誰もが一度は幼い頃に読んだことがあるのではないでしょうか。悪魔の作った鏡の欠片が目と心臓に刺さってしまったことで冷たい性格に変わってしまった少年カイ。そのカイを連れ去ってしまう雪の女王。カイを慕う少女ケルトゥ(ゲルダ)、ケルトゥを助ける山賊の娘。彼らを取り巻く物語を元に、フィンランド国立バレエ団の芸術監督で名ダンサーでもあるケネス・グレイヴが感動的なバレエを作り上げました。音楽を書いたのはフィンランドで最も多忙な作曲家の一人、カンテリネン(1969-)。彼は映画のスコアやテレビシリーズの音楽、CMの音楽など多彩な創作活動をする傍ら、ピアノ協奏曲や交響曲などクラシック作品も書いている注目すべき人です。このバレエのためにも変幻自在で、美しく快活な音楽を付けています。「くるみ割り人形」と並ぶ、クリスマスの定番にしたいバレエです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。