ホーム > アルバム > ODE1235-2 ショスタコーヴィチ:6つのロマンス Op. 62a/アニー・ローリー/ミケランジェロの詩による組曲 Op. 145a (フィンリー/ヘルシンキ・フィル/T. ザンデルリンク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ODE1235-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich , アリシア・スコット Alicia Scott
作詞家
ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare , ウィリアム・ダグラス William Douglas , 伝承 Traditional , ロバート・バーンズ Robert Burns , ミケランジェロ・ブオナローティ Michelangelo Buonarroti , ウォルター・レイリー Walter Raleigh
編曲者
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich
アーティスト
トーマス・ザンデルリンク Thomas Sanderling , ジェラルド・フィンリー Gerald Finley , ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団 Helsinki Philharmonic Orchestra

ショスタコーヴィチ:6つのロマンス Op. 62a/アニー・ローリー/ミケランジェロの詩による組曲 Op. 145a (フィンリー/ヘルシンキ・フィル/T. ザンデルリンク)

SHOSTAKOVICH, D.: 6 Romances, Op. 62a / Annie Laurie / Suite on Verses of Michelangelo, Op. 145a (Finley, Helsinki Philharmonic, T. Sanderling)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1235-2

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
6つの歌 Op. 62a (英語歌唱)

6 Romances, Op. 62a (Sung in English)

録音: 8-12 October 2013, Helsinki Music Centre, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3463062
**:**
»  I. Sir Walter Raleigh to His Sonne
1.

-

**:**
»  II. Oh Wert Thou in the Cauld Blast…
2.

-

**:**
»  III. Macpherson’s Farewell
3.

-

**:**
»  IV. Jenny
4.

-

**:**
»  V. Sonnet LXVI
5.

-

**:**
»  VI. The King's Campaign (The Grand Old Duke of York)
6.

-

アリシア・スコット - Alicia Scott (1810-1900)

**:**
アニー・ローリー(D. ショスタコーヴィチによる声楽と管弦楽編)
7.

Annie Laurie (arr. D. Shostakovich for voice and orchestra)

録音: 8-12 October 2013, Helsinki Music Centre, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3465138

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
ミケランジェロ・ブオナッロチの詩による組曲 Op. 145a (イタリア語歌唱)

Suite on Verses of Michelangelo Buonarroti, Op. 145a (Sung in Italian)

録音: 8-12 October 2013, Helsinki Music Centre, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3465139
**:**
»  I. Verita (Truth)
8.

-

**:**
»  II. Mattina (Morning)
9.

-

**:**
»  III. Amore (Love)
10.

-

**:**
»  IV. Distacco (Separation)
11.

-

**:**
»  V. Ira (Wrath)
12.

-

**:**
»  VI. Dante
13.

-

**:**
»  VII. All'Esule (To the Exile)
14.

-

**:**
»  VIII. Creativita (Creativity)
15.

-

**:**
»  IX. Notte (Night)
16.

-

**:**
»  X. Morte (Death)
17.

-

**:**
»  XI. Immortalita (Immortality)
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/02/01
カナダの名バリトン、ジェラルド・フィンリー。ONDINEにデビュー。彼が選んだのは意外にもショスタコーヴィチの歌曲集でした。とは言え、この「6つのロマンス」はW.ローリー、R.バーンズ、W.シェイクスピアと言ったイギリスの詩人の詞を用いたもので、フィンリーにとっては共感溢れる作品であることは間違いありません。このオーケストラによる伴奏版は最近発見されたもので、本来は室内楽による伴奏パートをショスタコーヴィチ自身がフルオーケストラへと拡大しており、より精緻な音楽を味わえるようになっています。晩年の作品で、晦渋かつ人間味あふれる歌曲として知られる「ミケランジェロ歌曲集」は、ロシア語ではなく原語の「イタリア語」で歌われる珍しいもの。このヴァージョンは世界初録音となります。フィンリーの素晴らしい歌唱を、ショスタコーヴィチのオーソリティ、トーマス・ザンデルリングが見事にサポートしています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。