ホーム > アルバム > ODE1240-2 グラウプナー:トリオ・ソナタ集(フィンランド・バロック管のメンバー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
ODE1240-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
クリストフ・グラウプナー Christoph Graupner
アーティスト
フィンランド・バロック管弦楽団のメンバー Finnish Baroque Orchestra, members

グラウプナー:トリオ・ソナタ集(フィンランド・バロック管のメンバー)

GRAUPNER, C.: Trio Sonatas (Finnish Baroque Orchestra, members)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1240-2

全トラック選択/解除

クリストフ・グラウプナー - Christoph Graupner (1683-1760)

**:**
トリオ ヘ長調 GWV 210

Trio Sonata in F major, GWV 210

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863562
**:**
»  I. Largo
1.

-

**:**
»  II. Allegro
2.

-

**:**
»  III. Andante
3.

-

**:**
»  IV. Vivace
4.

-

 
**:**
トリオ・ソナタ ハ短調 GWV 203

Trio Sonata in C Minor, GWV 203

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863563
**:**
»  I. Vivace
5.

-

**:**
»  II. Largo
6.

-

**:**
»  III. Allegro
7.

-

 
**:**
トリオ・ソナタ ハ長調 GWV 201

Trio Sonata in C Major, GWV 201

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863564
**:**
»  I. Largo e giusto
8.

-

**:**
»  II. Allegro
9.

-

**:**
»  III. Largo - Allegro
10.

-

 
**:**
トリオ・ソナタ ニ短調 GWV 207

Trio Sonata in D Minor, GWV 207

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863565
**:**
»  I. Senz' acceleranza
11.

-

**:**
»  II. Largo
12.

-

**:**
»  III. Allegro ma non presto
13.

-

 
**:**
トリオ・ソナタ ホ長調 GWV 208

Trio Sonata in E Major, GWV 208

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863566
**:**
»  I. Largo
14.

-

**:**
»  II. Allegro
15.

-

**:**
»  III. Largo
16.

-

**:**
»  IV. Vivace
17.

-

 
**:**
トリオ・ソナタ 変ロ長調 GWV 217

Trio Sonata in B-Flat Major, GWV 217

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3863567
**:**
»  I. Largo - Vivace
18.

-

**:**
»  II. Largo e sostenuto
19.

-

**:**
»  III. Vivace
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2014/09/01
ドイツ後期バロック音楽の作曲家、チェンバロ奏者グラウプナー(1683-1760)。彼の音楽はほとんど忘れられてしまいましたが、唯一知られるエピソードとしては、ライプツィヒの聖トーマス教会カントールのポストをバッハと競い合い、結局はバッハを破ってその任を勝ち取った人ということでしょうか?そんな彼の作品も最近では少しずつ省みられており、バッハともヘンデルとも違う味わいに魅了されている人も多いようです。多くの場合、彼の作品には珍しい楽器が使われていて、ここでもヴィオラ・ダモーレや、シャルモー(クラリネットの原型となった木管楽器)の響きをふんだんに味わうことができます。演奏しているのは、フィンランドにおけるバロック・ヴァイオリンの第1人者カーニネン=ピルクをはじめとしたフィンランド・バロック管弦楽団のメンバー。この楽しげな響きは一度聞くとくせになります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。