ホーム > アルバム > ODE1272-2 ツェムリンスキー:夜と夢の7つの歌/室内交響曲(カールステット/ラップランド室内管/ストゥールゴールズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ODE1272-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー Alexander Zemlinsky
作詞家
フェルディナンド・グレゴロヴィウス Ferdinand Gregorovius , ヴィクトル・ブルートゲン Victor Bluthgen , パウル・ヘイゼ Paul Heyse , クリスティアン・モルゲンシュテルン Christian Morgenstern , イェンス・ペーター・ヤコブセン Jens Peter Jacobsen , オットー・フォン・ライクスナー Otto von Leixner , ユリウス・ローデンベルク Julius Rodenberg
編曲者
リヒャルト・デュンサー Richard Dünser
アーティスト
ジェニー・カールステット Jenny Carlstedt , ジョン・ストゥールゴールズ John Storgårds , ラップランド室内管弦楽団 Lapland Chamber Orchestra

ツェムリンスキー:夜と夢の7つの歌/室内交響曲(カールステット/ラップランド室内管/ストゥールゴールズ)

ZEMLINSKY, A.: 7 Lieder von Nacht und Traum / Chamber Symphony (Carlstedt, Lapland Chamber Orchestra, Storgårds)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1272-2

全トラック選択/解除

**:**
リート集 第2巻 Op. 2 (R. デュンサーによる声楽と室内オーケストラ編) (抜粋)

Lieder, Volume 2, Op. 2 (arr. R. Dunser for voice and chamber orchestra) (excerpts)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4517146
**:**
»  No. 3. Der Traum
1.

-

**:**
»  No. 4. Das verlassene Madchen
2.

-

 
**:**
リート集 第1巻 Op. 2 - 第6曲 真夜中に(R. デュンサーによる声楽と室内オーケストラ編)
3.

Lieder, Volume 1, Op. 2: No. 6. Um Mitternacht (arr. R. Dunser for voice and chamber orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523342
 
**:**
歌曲集 第1巻 Op. 5 - 第1曲 ひたすらに眠れ(R. デュンサーによる声楽と室内オーケストラ編)
4.

Gesange, Volume 1, Op. 5: No. 1. Schlaf nur ein (arr. R. Dunser for voice and chamber orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523343
 
**:**
塔守の歌とその他の歌 Op. 8 - 第2曲 昼はすべての苦しみを(R. デュンサーによる声楽と室内オーケストラ編)
5.

Turmwachterlied und andere Gesänge, Op. 8: No. 2. Und hat der Tag all seine Qual (arr. R. Dunser for voice and chamber orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523344
 
**:**
トスカーナ地方の民謡によるワルツの歌 Op. 6 - 第4曲 私は夜にそぞろ歩く(R. デュンサーによる声楽と室内オーケストラ編)
6.

Walzer-Gesange nach toskanischen Volksliedern, Op. 6: No. 4. Ich geh' des Nachts (arr. R. Dunser for voice and chamber orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523345
 
**:**
婚礼のダンスの歌とその他の歌 Op. 10 - 第3曲 憂鬱な小鳥(R. デュンサーによる声楽と室内オーケストラ編)
7.

Ehetanzlied und andere Gesänge, Op. 10: No. 3. Voglein Schwermut (arr. R. Dunser for voice and chamber orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523346
 
**:**
弦楽四重奏曲第2番 Op. 15 (R. デュンサーによる室内交響曲版)

String Quartet No. 2, Op. 15 (arr. R. Dunser as Chamber Symphony)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4523347
**:**
»  I. Sehr massig (quasi andante) - Heftig und leidenschaftlich - Andante mosso - Etwas rascher -
8.

-

**:**
»  II. Adagio -
9.

-

**:**
»  III. Schnell (die Achtel) -
10.

-

**:**
»  IV. Andante
11.

-

**:**
»  V. Langsam
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/01/01
現在、注目度の高い作曲家ツェムリンスキー(1871-1942)。彼はマーラーやシェーンベルクと同世代の作曲家で、出版された作品は少ないものの、どれもが20世紀の傑作として再認識され始めています。このアルバムは彼ののいくつかの歌曲と、弦楽四重奏曲第2番を、現代の作曲家リヒャルト・デュンサーがアレンジしたものです。デュンサーはフランシス・ブルトとハンス・ヴェルナー・ヘンツェの弟子であり、そのオーケストレーションの腕前は確かなもの。歌曲はピアノ伴奏を管弦楽に、弦楽四重奏曲は室内交響曲に、と拡大され、それぞれが一層の色彩感を持ち、かつ濃厚な香りを漂わせています。ストゥールゴールズは現在ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、及びBBCフィルハーモニックの首席客演指揮者を務める俊英。ONDINEへのツェムリンスキー作品録音は「人魚姫」(ODE1237)に続く2枚目となります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。