ホーム > アルバム > ODE1274-2 ラウタヴァーラ:ルバイヤート/バラーダ/カント V/歌劇「ラスプーチン」からのの4つの詩(フィンリー/ポーヨーネン/ヘルシンキ音楽センター合唱団/ヘルシンキ・フィル/ストルゴーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ODE1274-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エイノユハニ・ラウタヴァーラ Einojuhani Rautavaara
作詞家
フェデリコ・ガルシア・ロルカ Federico García Lorca , ウマル・ハイヤーム Omar Khayyam , エイノユハニ・ラウタヴァーラ Einojuhani Rautavaara
アーティスト
ヨーン・ストルゴーズ John Storgårds , ジェラルド・フィンリー Gerald Finley , ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団 Helsinki Philharmonic Orchestra , ヘルシンキ音楽センター合唱団 Helsinki Music Centre Choir , ミカ・ポーヨーネン Mika Pohjonen

ラウタヴァーラ:ルバイヤート/バラーダ/カント V/歌劇「ラスプーチン」からのの4つの詩(フィンリー/ポーヨーネン/ヘルシンキ音楽センター合唱団/ヘルシンキ・フィル/ストルゴーズ)

RAUTAVAARA, E.: Rubáiyát / Balada / Canto V / 4 Songs from Rasputin (Finley, Pohjonen, Helsinki Music Centre Choir, Helsinki Philharmonic, Storgårds)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1274-2

全トラック選択/解除

エイノユハニ・ラウタヴァーラ - Einojuhani Rautavaara (1928-2016)

**:**
ルバイヤート

Rubáiyát

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4700888
**:**
»  I. Awake!
1.

-

**:**
»  Interlude I
2.

-

**:**
»  II. And lately
3.

-

**:**
»  Interlude II
4.

-

**:**
»  III. Here with a loaf of bread
5.

-

**:**
»  Interlude III
6.

-

**:**
»  IV. We are no other than a moving row
7.

-

**:**
»  Interlude IV
8.

-

**:**
»  V. Oh, make haste!
9.

-

 
**:**
カント V 「光の心の中へ」
10.

Into the Heart of Light, "Canto V"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4700889
 
**:**
バラーダ
11.

Balada

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4700890
 
**:**
歌劇「ラスプーチン」からのの4つの詩

4 Songs from the Opera Rasputin

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4700891
**:**
»  No. 1. Troikka kiitää (Troika trotting)
12.

-

**:**
»  No. 2. Koston aika (The day of vengeance)
13.

-

**:**
»  No. 3. En pelkää nyt (I fear not)
14.

-

**:**
»  No. 4. Loista, Siion, loista! (Shine, Zion, shine!)
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/03/01
ONDINEレーベルが力を入れているラウタヴァーラ(1928-)の録音、今回は全てが世界初演である声楽作品集です。バリトンのための歌曲集のテキストは11世紀から12世紀に活躍したペルシアの詩人、ウマル・ハイヤームの四行詩集「ルバイヤート」から採られた教訓的なもので、この作品はジェラルド・フィンリーのために書かれています。ロルカのテキストに基づいて書かれた大規模な「バラダ」、ラウタヴァーラが若い頃からシリーズとして作曲している「カント」の最新作「心の光に」、自身の歌劇「ラスプーチン」からの編曲である4つの歌曲と、どれも最近のラウタヴァーラの作風を象徴するような神秘的な音楽の中に劇的要素が込められた興味深い作品を、2015年までヘルシンキ・フィルの首席を務めたストルゴーズによる演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。