ホーム > アルバム > ODE1311-2 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番, 第4番(フォークト/ロイヤル・ノーザン・シンフォニア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ODE1311-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
ラルス・フォークト Lars Vogt , ロイヤル・ノーザン・シンフォニア Royal Northern Sinfonia

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番, 第4番(フォークト/ロイヤル・ノーザン・シンフォニア)

BEETHOVEN, L. van: Piano Concertos Nos. 2 and 4 (L. Vogt, Royal Northern Sinfonia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1311-2

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op. 19

Piano Concerto No. 2 in B-Flat Major, Op. 19

録音: 15-17 March 2017, Sage Gateshead Concert Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6328807
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Molto allegro
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第4番 ト長調 Op. 58

Piano Concerto No. 4 in G Major, Op. 58

録音: 8-10 June 2017, Sage Gateshead Concert Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6328808
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Andante con moto
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Vivace
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
ドイツの名手ラルス・フォークトが自らロイヤル・ノーザン・シンフォニアを指揮し、ベートーヴェンのピアノ協奏曲を演奏するツィクルス、最後を飾るのは第2番と第4番の組み合わせです。ベートーヴェンが16歳の頃に着手したとされる第2番の協奏曲は、第1番よりも以前に書かれた作品。ベートーヴェン自身は作品の出来に不満があったとされていますが、主題の扱い方や、独創的なカデンツァなどにベートーヴェンらしさが感じられる意欲的な曲として高く評価されています。第4番はベートーヴェンの最高傑作のひとつであり、第5番「皇帝」が堂々とした男性らしさを誇る曲であるのに比べ、こちらの第4番は柔和な表情を持ち、中でも第2楽章の憂いに満ちた美しさは格別の人気を誇っています。フォークトの演奏は、どちらの曲もオーケストラを雄弁に鳴らすことで「ピアノとオーケストラの対話」を強調。これまで伴奏として見過ごされがちだった第2番のオーケストラ・パートにも隅々まで光を当てることで、曲の新たな魅力を引き出すことに成功しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。