ホーム > アルバム > ODE1315-2 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番 - 第3番/歌曲集(ヴァイオリンとピアノ編)(カーキネン=ピルク/ハッキラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ODE1315-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
シルッカ=リーサ・カーキネン=ピルク Sirkka-Liisa Kaakinen-Pilch , トゥイヤ・ハッキラ Tuija Hakkila

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番 - 第3番/歌曲集(ヴァイオリンとピアノ編)(カーキネン=ピルク/ハッキラ)

BRAHMS, J.: Violin Sonatas Nos. 1-3 / Lieder (arr. for violin and piano) (Kaakinen-Pilch, T. Hakkila)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1315-2

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
5つのリート Op. 105 - 第4曲 教会墓地にて(ヴァイオリンとピアノ編)
1.

5 Lieder, Op. 105: No. 4. Auf dem Kirchhofe (arr. for violin and piano)

録音: 23-26 February 2016, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6434101
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op. 100

Violin Sonata No. 2 in A Major, Op. 100

録音: 23-26 February 2016, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6434102
**:**
»  I. Allegro amabile
2.

-

**:**
»  II. Andante tranquillo - Vivace
3.

-

**:**
»  III. Allegro grazioso (quasi andante)
4.

-

 
**:**
5つのリート Op. 105 - 第1曲 調べのように私を通り抜ける(ヴァイオリンとピアノ編)
5.

5 Lieder, Op. 105: No. 1. Wie Melodien zeiht es mir (arr. for violin and piano)

録音: 23-26 February 2016, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6434103
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調 Op. 108

Violin Sonata No. 3 in D Minor, Op. 108

録音: 23-26 February 2016, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6434104
**:**
»  I. Allegro
6.

-

**:**
»  II. Adagio
7.

-

**:**
»  III. Un poco presto e con sentimento
8.

-

**:**
»  IV. Presto agitato
9.

-

 
**:**
8つのリートと歌 Op. 59 - 第3曲 雨の歌(ヴァイオリンとピアノ編)
10.

8 Lieder und Gesänge, Op. 59: No. 3. Regenlied (arr. for violin and piano)

録音: 23-26 February 2016, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6434105
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 「雨の歌」 Op. 78

Violin Sonata No. 1 in G Major, Op. 78

録音: 23-26 February 2016, Casino Baumgarten, Vienna, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6434106
**:**
»  I. Vivace ma non troppo
11.

-

**:**
»  II. Adagio
12.

-

**:**
»  III. Allegro molto moderato
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/02/01
フィンランドを代表するバロック・ヴァイオリン奏者カーキネン=ピルク。以前J.S.バッハの無伴奏組曲(ODE-1241)やビーバーの「ロザリオのソナタ」(ODE-1243)で端正な演奏を披露していましたが、今作ではブラームスのヴァイオリン・ソナタ全集に取り組みました。今回はブラームス時代のピリオド楽器を用い、当時の響きを余すことなく再現しています。伴奏を担当しているのは同じくフィンランドの奏者ハッキラ。2005年にシベリウス・アカデミーを卒業後、フォルテピアノの名手として活躍しています。このアルバムでは3曲のソナタの他に、各々のソナタに関連する3つの歌曲を編曲した版も収録されており、こちらも心のこもった演奏を聴くことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。