ホーム > アルバム > ODE1332-5 ルトスワフスキ:交響曲第2番、第3番(フィンランド放送響/リントゥ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ODE1332-5
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴィトルト・ルトスワフスキ Witold Lutosławski
アーティスト
フィンランド放送交響楽団 Finnish Radio Symphony Orchestra , ハンヌ・リントゥ Hannu Lintu

ルトスワフスキ:交響曲第2番、第3番(フィンランド放送響/リントゥ)

LUTOSŁAWSKI, W.: Symphonies Nos. 2 and 3 (Finnish Radio Symphony, Lintu)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1332-5

全トラック選択/解除

ヴィトルト・ルトスワフスキ - Witold Lutosławski (1913-1994)

**:**
交響曲第3番

Symphony No. 3

録音: 26-30 November 2018, Helsinki Music Centre
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7628240
**:**
»  Vivo - Lento - Vivo - Lento - Vivo - Stesso movimento - Lento -
1.

-

**:**
»  Vivo - Stesso movimento - Lento -
2.

-

**:**
»  Vivo - Stesso movimento - Adagio - Più mosso - Lento -
3.

-

**:**
»  Vivo - Poco meno mosso - Meno mosso
4.

-

**:**
»  Tempo I -
5.

-

**:**
»  Meno mosso - Tempo I - Meno mosso - Tempo I - Meno mosso - Ancora meno mosso - Più largo - Tempo I - Lento - Vivo - Lento - Vivo -
6.

-

**:**
»  A tempo - Poco meno mosso - Presto - Stresso movimento - Poco lento -Allegro
7.

-

 
**:**
交響曲第2番

Symphony No. 2

録音: 26-30 November 2018, Helsinki Music Centre
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7628241
**:**
»  I. Hésitant
8.

-

**:**
»  II. Direct
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
ハンヌ・リントゥによる「ルトスワフスキ:交響曲全集」の第2集。今回のアルバムに収録されているのは、新古典主義の作風から少しずつ脱却を図った時期に書かれた「交響曲第2番」と、完全に自身の作風を確立した1980年代の「交響曲第3番」の2曲。交響曲第2番は、コラージュ的な手法を採り入れることで多彩な音の動きが追求されており、冒頭のファンファーレ風の旋律は混沌の波に取り込まれ、第2楽章の後半で激しい動きへと変化します。交響曲第3番はシカゴ響の委嘱曲。1972年から取り掛かったものの出来栄えに満足せず、結局11年かけて完成したというルトスワフスキの苦労がしのばれる作品です。交響曲第2番で萌芽した「管理された偶然性」(指揮者の手を離れ、アドリブをする箇所があることで、管理している部分が際立つ)が発揮されたユニークな作品です。複雑な曲を得意とするリントゥの手腕が冴える目覚ましい演奏を素晴らしい録音で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。