ホーム > アルバム > ODE1346-2 ブラームス:ピアノ協奏曲第2番/ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ(フォークト/ロイヤル・ノーザン・シンフォニア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ODE1346-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
アーティスト
ラルス・フォークト Lars Vogt , ロイヤル・ノーザン・シンフォニア Royal Northern Sinfonia

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番/ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ(フォークト/ロイヤル・ノーザン・シンフォニア)

BRAHMS, J.: Piano Concerto No. 2 / Handel Variations (Vogt, Royal Northern Sinfonia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1346-2

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op. 83

Piano Concerto No. 2 in B-Flat Major, Op. 83

録音: 15-16 February 2019, Sage Gateshead Concert Hall, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7735068
**:**
»  第1楽章 Allegro non troppo
1.

-

I. Allegro non troppo

**:**
»  第2楽章 Allegro appassionato
2.

-

II. Allegro appassionato

**:**
»  第3楽章 Andante
3.

-

III. Andante

**:**
»  第4楽章 Allegretto grazioso
4.

-

IV. Allegretto grazioso

 
**:**
ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op. 24

25 Variations and Fugue on a Theme by Handel, Op. 24

録音: 17-19 December 2019, Kammermusiksaal DLF, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7735069
**:**
»  アリア - 変奏1-25
5.

-

Aria - Variations 1-25

**:**
»  フーガ
6.

-

Fugue

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
2019年にリリースされたブラームスの「ピアノ協奏曲第1番」で、ロイヤル・ノーザン・シンフォニアを見事に操り、ピアノと指揮の両面で圧倒的な演奏を聴かせたラルス・フォークト。今作では、更に演奏困難とされる「第2番」でも素晴らしい弾き振りを成し遂げました。 ブラームスのピアノ協奏曲第2番は、1881年の初演以来、数多くのピアニストや評論家たちが「最も難しいピアノ曲の一つ」と数えるほど、雄大な楽想の中に分厚い和音と複雑なパッセージが続出、ピアノ・パートを演奏するだけでも大変な作品です。もちろんオーケストラ・パートも極めて緻密に書かれています。ここでのフォークトは、ピアノもオーケストラも対等に扱い、息もつかせぬ展開を繰り広げる怒涛の音楽を聴かせます。イタリア旅行で得た印象が映し出されているという変幻自在な楽想を持つ第1楽章を難なくこなし、ユニークな味わいを持つ第2楽章での諧謔的な表現を経て、独奏チェロを伴う第3楽章アンダンテでは、チェロをたっぷりと歌わせながら、ゆったりとした美しい旋律を楽しませ、軽やかな旋律で始まる終楽章では密度の高い演奏を聴かせます。同時収録されているのは「ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ」。バロック時代の巨匠への尊敬の意が込められたこの作品には、ブラームスの巧みな作曲技法が示されており、とりわけフーガでの対位法の扱いが見事です。ベートーヴェンを得意とするフォークトならでは考え抜かれた演奏が作品を引き立てています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。