ホーム > アルバム > ODE1362-2 ブルックナー:ラテン語によるモテット集(ラトヴィア放送合唱団/クラーヴァ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ODE1362-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
アントン・ブルックナー Anton Bruckner
作詞家
トマス・アクィナス Thomas Aquinas , 旧約聖書 Bible - Old Testament , 新約聖書 Bible - New Testament , ヴェナンティウス・フォルトゥナトゥス Venantius Fortunatus , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
クリスティーネ・アダマイテ Kristīne Adamaite , シグヴァルズ・クラーヴァ Sigvards Kļava , ヤーニス・クルシェヴス Jānis Kurševs , ラトヴィア放送合唱団 Latvian Radio Choir

ブルックナー:ラテン語によるモテット集(ラトヴィア放送合唱団/クラーヴァ)

BRUCKNER, A.: Latin Motets (Latvian Radio Choir, Kļava)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1362-2

全トラック選択/解除

アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

**:**
正しき者の唇は知恵を語る WAB 30
1.

Os justi, WAB 30

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231675
 
**:**
キリストはおのれを低くして WAB 11
2.

Christus factus est, WAB 11

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231676
 
**:**
この場所は神が作り給う WAB 23
3.

Locus iste, WAB 23

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231677
 
**:**
アヴェ・マリア WAB 6
4.

Ave Maria, WAB 6

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231678
 
**:**
主よ、我を解き放ちたまえ(リベラ・メ・ドミネ) WAB 21
5.

Libera me Domine, WAB 21

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231679
 
**:**
ミサ曲 ニ短調 WAB 146

Mass in D Minor, WAB 146

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231680
**:**
»  Kyrie
6.

-

**:**
»  Sanctus
7.

-

**:**
»  Benedictus
8.

-

**:**
»  Agnus Dei
9.

-

 
**:**
大いなる秘跡(タントゥム・エルゴ) WAB 32
10.

Tantum ergo in D Major, WAB 32

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231681
 
**:**
4つのタントゥム・エルゴ(大いなる秘跡) WAB 41 - 第2番 ハ長調
11.

4 Tantum ergo, WAB 41: No. 2 in C Major

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231682
 
**:**
大いなる秘跡(タントゥム・エルゴ) WAB 42
12.

Tantum ergo in D Major, WAB 42

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231683
 
**:**
大いなる秘跡(タントゥム・エルゴ) イ長調 WAB 43
13.

Tantum ergo in A Major, WAB 43

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231684
 
**:**
エサイの枝は芽を出し WAB 52
14.

Virga jesse floruit, WAB 52

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231685
 
**:**
舌もて語らしめよ(パンジェ・リングァ) WAB 33
15.

Pange lingua, WAB 33

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231686
 
**:**
御身の民を救いたまえ WAB 40
16.

Salvum fac populum tuum, WAB 40

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231687
 
**:**
愛する者よ、あなたはすべてに美しい WAB 46
17.

Tota pulchra es, WAB 46

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231688
 
**:**
王の旗は翻る WAB 51
18.

Vexilla regis, WAB 51

録音: 3-5 March 2020, Riga Dome Cathedral (Rīgas Doms), Latvia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8231689
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/09/01
現代ヨーロッパに数あるプロフェッショナル室内楽合唱団の中でも、トップクラスの実力を誇るラトヴィア放送合唱団。1992年以降、音楽監督兼首席指揮者であるシグヴァルズ・クラーヴァとカスパルス・プトニンシュの2人のもとで活動、世界中の音楽祭に出演するほか、著名指揮者との共演も数多く、来日経験もある表現力豊かな合唱団です。彼らの17枚目のアルバムは、ブルックナーのモテット集。クローンシュトルフ・ミサ曲などこの中の何曲かは、ブルックナーがザンクト・フローリアンやリンツなどで、オルガン奏者、合唱指揮者として活躍していた40歳くらいまでの間に書かれており、これらは作曲家自身が「未熟な作である」と考え、公表を控えていたためあまり演奏されることがありませんでした。しかし近年になってこれら初期作品の真価が認められ、数多くの合唱団によって歌われるようになっています。どの曲もブルックナーの敬虔な宗教心が反映された素朴な美しさを有しています。ラトヴィア放送合唱団は人間の声のもつ可能性を追求し、美しいハーモニーを創り上げています。
レビュアー: kana 投稿日:2021/05/22
【私の愛聴盤】ブルックナーのアヴェ・マリアは、数あるアヴェ・マリアの中でもとりわけハーモニーが美しく心洗われる作品と思います。ラトヴィア放送合唱団の演奏がこれまた素晴らしい。ゆっくり慈しむかのように進み、残響の多い録音と相まって、ヨーロッパの教会の中に佇んでいるかのようです。その他も「ミサ曲」(6~9)は典礼文ながら情感溢れる穏やかで安らぎに満ちた音楽。「大いなる秘跡」(10~13)も民謡を思わせる親しみ深い響きがとても魅力的。「朴訥」というイメージの強いブルックナーですが、意外と親しみやすい人だったかも。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。