ホーム > アルバム > ODE1381-2 ノアゴー:無伴奏チェロ・ソナタ第1番 - 第3番/ルーザス:「武装した人」による変奏曲(スミス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ODE1381-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ペア・ノアゴー Per Nørgård , ポウル・ルーザス Poul Ruders
アーティスト
ウィルヘルミナ・スミス Wilhelmina Smith

ノアゴー:無伴奏チェロ・ソナタ第1番 - 第3番/ルーザス:「武装した人」による変奏曲(スミス)

NØRGÅRD, P.: Sonatas for Solo Cello Nos. 1-3 / RUDERS, P.: Bravour-Studien (Works for Solo Cello) (W. Smith)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1381-2

全トラック選択/解除

ペア・ノアゴー - Per Nørgård (1932-)

**:**
無伴奏チェロ第1番のためのソナタ

Sonata for Solo Cello No. 1

録音: 3-5 June 2019 , Sundin Music Hall, Hamline University, St. Paul, Minnesota, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8369609
**:**
»  I. Lento ma espansivo - Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Allegro con brio
3.

-

 
**:**
無伴奏チェロ第2番のためのソナタ 「2つの時代で」

Sonata for Solo Cello No. 2, "In due tempi"

録音: 3-5 June 2019 , Sundin Music Hall, Hamline University, St. Paul, Minnesota, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8369610
**:**
»  I. Solo intimo
4.

-

**:**
»  II. Solo in scèna
5.

-

 
**:**
無伴奏チェロ第3番のためのソナタ 「What - is the Word!」

Sonata for Solo Cello No. 3, "What - is the Word!"

録音: 3-5 June 2019 , Sundin Music Hall, Hamline University, St. Paul, Minnesota, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8369611
**:**
»  I. Lento, "Prayer I"
6.

-

**:**
»  II. Imposante, "Outcry"
7.

-

**:**
»  III. Andante, "Prayer II"
8.

-

ポウル・ルーザス - Poul Ruders (1949-)

**:**
「武装した人」による変奏曲

Bravour-Studien (Bravour Studies)

録音: 3-5 June 2019 , Sundin Music Hall, Hamline University, St. Paul, Minnesota, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8369612
**:**
»  Variation 1: Overture
9.

-

**:**
»  Variation 2: Recitative
10.

-

**:**
»  Variation 3: Serenade I
11.

-

**:**
»  Variation 4: Potpourri
12.

-

**:**
»  Variation 5: Etude
13.

-

**:**
»  Variation 6: Intermezzo
14.

-

**:**
»  Variation 7: Fantasia
15.

-

**:**
»  Variation 8: Serenade II
16.

-

**:**
»  Finale: Variation classique
17.

-

**:**
»  Theme (L'Homme armé)
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/10/01
前作(ODE-1294)で北欧の2人の現代作曲家サロネンとサーリアホの無伴奏チェロ作品を堂々と聴かせた女性チェリスト、ウィルヘルミナ・スミス。今作はデンマークの作曲家ノアゴーとルーザスの無伴奏作品に取り組みました。大規模なオーケストラ作品で知られるノアゴー、5曲の交響曲で知られるルーザス。各々の個性的な作風は、このような小さな編成の作品でも生かされています。「無限セリー」と呼ばれる独自の作法を見出したノアゴーですが、初期の作品はシベリウスやニールセンを思わせる抒情的な雰囲気を持っています。ソナタ第2番では、彼の作風の変遷を目の当たりにすることができます。また、ルーザスが主題にしたのはルネサンス期に流行した作者不詳の世俗音楽「武装した人」。様々な趣向を凝らした変奏が続き、主題が最後に奏されます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。