ホーム > アルバム > ODE1417-2 クルヴィッツ:翼の音/日曜日の願い(エストニア・フィルハーモニー室内合唱団/タリン室内管/ユースト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ODE1417-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
トヌ・クルヴィッツ Tõnu Kõrvits
作詞家
ドリス・カレヴァ Doris Kareva
アーティスト
ラウル・エーンサル Laur Eensalu , エストニア・フィルハーモニー室内合唱団 Estonian Philharmonic Chamber Choir , トリーン・サケルマー Triin Sakermaa , タリン室内管弦楽団 Tallinn Chamber Orchestra , チェ・イェナ Yena Choi , マリリース・ティーテル Mariliis Tiiter , マールヤ・ヘルステイン Maarja Helstein , マリアンネ・ペルナ Marianne Pärna , リスト・ヨースト Risto Joost

クルヴィッツ:翼の音/日曜日の願い(エストニア・フィルハーモニー室内合唱団/タリン室内管/ユースト)

KÕRVITS, T.: Sound of Wings (The) / Sunday Wish (Estonian Philharmonic Chamber Choir, Tallinn Chamber Orchestra, Joost)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ODE1417-2

全トラック選択/解除

トヌ・クルヴィッツ - Tõnu Kõrvits (1969-)

**:**
翼の音

Tiibade hääl (The Sound of Wings)

録音: 31 May - 2 June 2022, United Methodist Church, Tallinn, Estonia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10046793
**:**
»  Ülemereühenduses… (On the line…)
1.

-

**:**
»  I. Taevas ja tundmatus (The Sky and Beyond)
2.

-

**:**
»  II. Puutuda su kätt (The Touch of Your Hand)
3.

-

**:**
»  III. Vapruse vääringus (In the Currency of Courage)
4.

-

**:**
»  IV. Üks armastus (One Love)
5.

-

**:**
»  V. Nõnda kõneleb süda (Thus Speaks the Heart)
6.

-

**:**
»  VI. Tuletorn (Lighthouse)
7.

-

**:**
»  VII. Tähistulv (The Star Stream)
8.

-

**:**
»  VIII. Üle peegelvee (Over Looking Glass Water)
9.

-

**:**
»  Põhilõuna põhjatusse sööst… (Running North and South…)
10.

-

**:**
»  IX. Tiibade hääl ja hüüd (The Sound and Song of Wings)
11.

-

 
**:**
日曜日の願い
12.

Pühapäevasoov (Sunday Wish)

録音: 31 May - 2 June 2022, United Methodist Church, Tallinn, Estonia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10046794
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2023/05/01
現代エストニアを代表する作曲家の一人、トヌ・クルヴィッツ。ロマンティックな曲想と北欧特有の繊細さを併せ持つ彼の作品は高い人気を得ています。このアルバムは、リスト・ヨーストとエストニア・フィルハーモニー室内合唱団、タリン室内管現楽団による合唱三部作の最後を飾るもの。前2作「ムーアランドのエレジー」(ODE-1306)「あなたは光と朝」(ODE-1363)に続くこの「翼の音」は、三部作の中でも最も明るく光を放つ作品であると作曲家自身が語っています。作品が捧げられたアメリア・イアハートは作品が捧げられたアメリア・イアハートは、1932年女性として初めての大西洋単独横断飛行を成功させた飛行士。1937年には赤道上世界一周に挑戦しましたが、南太平洋上で消息を絶ちました。作品ではオーケストラや合唱団が風を思わせるイメージを奏で、独奏ヴィオラが彼女とともに消息を絶った赤い飛行機「ロッキード・エレクトラ10E」を上下に揺れるモティーフやフラジョレットで表現、全編において「空を飛ぶこと、夢を見ること、その勇気」が讃えられています。「Puhapaevasoov 日曜日の願い」は2020年に書かれた合唱曲を2022年にアレンジ、2023年7月開催予定の「The Estonian Youth Dance and Song Festival」で演奏されることが決まっている美しい愛の歌です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。