ホーム > アルバム > OP30426 ヴィヴァルディ・エディション チェロ協奏曲集 1 (コワン/イル・ジャルディーノ・アルモニコ/アントニーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
OP30426
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi
アーティスト
ジョヴァンニ・アントニーニ Giovanni Antonini , イル・ジャルディーノ・アルモニコ Giardino Armonico, Il , クリストフ・コワン Christophe Coin

ヴィヴァルディ・エディション チェロ協奏曲集 1 (コワン/イル・ジャルディーノ・アルモニコ/アントニーニ)

VIVALDI, A.: Cello Concertos, Vol. 1 (Coin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OP30426

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
チェロ協奏曲 イ短調 RV 419

Cello Concerto in A Minor, RV 419

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/346925
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 ヘ長調 RV 410

Cello Concerto in F Major, RV 410

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/346926
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Allegro
6.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 ホ短調 RV 409

Cello Concerto in E Minor, RV 409

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/346927
**:**
»  I. Adagio - Allegro molto
7.

-

**:**
»  II. Allegro - Adagio
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 ト長調 RV 414

Cello Concerto in G Major, RV 414

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/346928
**:**
»  I. Allegro molto
10.

-

**:**
»  II. Largo
11.

-

**:**
»  III. Allegro
12.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 ニ短調 RV 406

Cello Concerto in D Minor, RV 406

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/346929
**:**
»  I. Allegro non molto
13.

-

**:**
»  II. Andante
14.

-

**:**
»  III. Minuetto
15.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 ハ長調 RV 398

Cello Concerto in C Major, RV 398

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/346930
**:**
»  I. Allegro
16.

-

**:**
»  II. Largo
17.

-

**:**
»  III. Allegro
18.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 イ短調 RV 421

Cello Concerto in A Minor, RV 421

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/346931
**:**
»  I. Allegro non troppo
19.

-

**:**
»  II. Largo
20.

-

**:**
»  III. Allegro
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2010/03/04
500を超える協奏曲の中からチェロ協奏曲の7篇です。1678/3/4ヴェネツィア生まれの司祭のヴィヴァルディは今でこそ、あまねく天下に知られていますが、神秘のヴェールが取られて精々100年ほど。バロックを代表する大作曲家の司祭さんは、相当生臭い御坊だったようで、旅行には美女たち同伴のため入国を拒否されたことも。最期は内臓疾患でウィーンで客死しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。