ホーム > アルバム > OR0031 ジャレル/ファーニホウ/シュタウト/ドナトーニ/センド:バス・クラリネット作品集(ケイロス)

ジャレル/ファーニホウ/シュタウト/ドナトーニ/センド:バス・クラリネット作品集(ケイロス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OR0031
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ミカエル・ジャレル Michael Jarrell , ヨハネス・マリア・シュタウト Johannes Maria Staud , ラファエル・センド Raphael Cendo , フランコ・ドナトーニ Franco Donatoni , ブライアン・ファーニホウ Brian Ferneyhough
アーティスト
ウーゴ・ケイロス Hugo Queirós , ラファエル・センド Raphael Cendo

ジャレル/ファーニホウ/シュタウト/ドナトーニ/センド:バス・クラリネット作品集(ケイロス)

Bass Clarinet Recital: Queirós, Hugo - JARRELL, M. / FERNEYHOUGH, B. / STAUD, J.M. / DONATONI, F. / CENDO, R. (Time and Motion)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OR0031

全トラック選択/解除

ミカエル・ジャレル - Michael Jarrell (1958-)

**:**
アソナンス II
1.

Assonance II

録音: September 2015 and August 2016, Studio Hochschule der Künste Bern, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6602571

ブライアン・ファーニホウ - Brian Ferneyhough (1943-)

**:**
タイム&モーション・スタディ I
2.

Time and Motion Study I

録音: September 2015 and August 2016, Studio Hochschule der Künste Bern, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6620155

ヨハネス・マリア・シュタウト - Johannes Maria Staud (1974-)

**:**
黒い月
3.

Black Moon

録音: September 2015 and August 2016, Studio Hochschule der Künste Bern, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6620156

フランコ・ドナトーニ - Franco Donatoni (1927-2000)

**:**
影 I
4.

Ombra I

録音: September 2015 and August 2016, Studio Hochschule der Künste Bern, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6620157
 
**:**
影 II
5.

Ombra II

録音: September 2015 and August 2016, Studio Hochschule der Künste Bern, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6620158

ラファエル・センド - Raphael Cendo (1975-)

**:**
デコンブレ
6.

Décombres

録音: September 2015 and August 2016, Studio Hochschule der Künste Bern, Switzerland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6620159
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
ポルトガル出身のクラリネット奏者、フーゴ・ケイロスの新しいアルバムはバス・クラリネットとコントラバス・クラリネットのための作品集。ここで彼は最先端の作品を演奏するのではなく、少し前の作品をもう一度見直すことで、それぞれを新鮮なものとして捉えながら、作品の再評価に挑んでいます。時間とダイナミクスの探求を行っているドナトーニ、演奏不可能と思われる難しいパッセージの羅列であるファーニホウ。バス・クラリネットの名手エルンスト・モリナーリに捧げられたジャレルとシュタウトの作品やこの中で唯一エレクトロニクスを伴うセンドの作品までを演奏。普段、あまり脚光を浴びることのない楽器に光を当てています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。