ホーム > アルバム > OR0037 ベリオ/ヒンデミット/アンダーヒル:声楽とチェロのための作品集(クラッカー/バーンズ/ターニング・ポイント・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
OR0037
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
オーウェン・アンダーヒル Owen Underhill , パウル・ヒンデミット Paul Hindemith , ルチアーノ・ベリオ Luciano Berio
作詞家
伝承 Traditional
アーティスト
オーウェン・アンダーヒル Owen Underhill , フィデス・クラッカー Fides Krucker , ターニング・ポイント・アンサンブル Turning Point Ensemble , アリエル・バーンズ Ariel Barnes

ベリオ/ヒンデミット/アンダーヒル:声楽とチェロのための作品集(クラッカー/バーンズ/ターニング・ポイント・アンサンブル)

Vocal and Cello Music - BERIO, L. / HINDEMITH, P. / UNDERHILL, O. (Curio Box) (Krucker, A. Barnes, Turning Point Ensemble, Underhill)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/OR0037

全トラック選択/解除

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
室内音楽第3番 Op. 36, No. 2

Kammermusik No. 3, Op. 36, No. 2

録音: 7 June 2016, Fei and Milton Wong Experimental Theatre, Simon Fraser University, Vancouver, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6660317
**:**
»  I. Majestatisch und stark. Massig schnelle Achtel
1.

-

**:**
»  II. Lebhaft und lustig
2.

-

**:**
»  III. Sehr ruhige und gemessen schreitende Viertel
3.

-

**:**
»  IV. Massig bewegte Halbe. Munter, aber immer gemachlich
4.

-

ルチアーノ・ベリオ - Luciano Berio (1925-2003)

**:**
フォーク・ソング

Folk Songs

録音: 9–10 November 2011, Fei and Milton Wong Experimental Theatre, Simon Fraser University, Vancouver, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7939236
**:**
»  No. 1. Black is the Colour
5.

-

**:**
»  No. 2. I Wonder as I Wander
6.

-

**:**
»  No. 3. Loosin yelav
7.

-

**:**
»  No. 4. Rossignolet du bois
8.

-

**:**
»  No. 5. A la femminisca
9.

-

**:**
»  No. 6. La donna ideale
10.

-

**:**
»  No. 7. Ballo
11.

-

**:**
»  No. 8. Motettu de tristura
12.

-

**:**
»  No. 9. Malurous qu'o uno fenno
13.

-

**:**
»  No. 10. Lo fiolaire
14.

-

**:**
»  No. 11. Azerbaijan Love Song
15.

-

**:**
チェロ協奏曲

Cello Concerto

録音: 6 June 2016, Fei and Milton Wong Experimental Theatre, Simon Fraser University, Vancouver, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7939237
**:**
»  I. The Curio Box
16.

-

**:**
»  II. The Impossible Return
17.

-

**:**
»  III. Assemblage
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/06/01
「骨董箱」といった意味を持つタイトルの「Curio Box」ここでは中国の奇妙な箱を指しています。アルバムには新古典音楽の代表とも言えるヒンデミットの室内音楽、民謡と現代音楽の融合を図ったベリオのフォーク・ソング、第1楽章に「Curio Box」と名付けられたアンダーヒルのチェロ協奏曲の3曲が収録されており、神秘的な箱の中から次々と現れる小さな芸術そのものを見るかのような驚きに包まれます。2002年に結成されたターニング・ポイント・アンサンブルはカナダのバンクーバーに拠点を置くグループで、オペラ、ダンス、ビジュアルアートなどと積極的にコラボレーションを行い、新しいアートを生み出すことを目指しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。