ホーム > アルバム > ORC100011 シューマン:交響曲第3番「ライン」(デュッセルドルフ響/ヴェンツァーゴ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ORC100011
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann
アーティスト
マリオ・ヴェンツァーゴ Mario Venzago , デュッセルドルフ交響楽団 Düsseldorf Symphony Orchestra

シューマン:交響曲第3番「ライン」(デュッセルドルフ響/ヴェンツァーゴ)

SCHUMANN, R.: Symphony No. 3, "Rhenish" (Dusseldorf Symphony, Venzago)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ORC100011

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
交響曲第3番 変ホ長調 「ライン」 Op. 97

Symphony No. 3 in E-Flat Major, Op. 97, "Rhenish"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/477022
**:**
»  I. Lebhaft
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Sehr massig
2.

-

**:**
»  III. Nicht schnell
3.

-

**:**
»  IV. Feierlich
4.

-

**:**
»  V. Lebhaft
5.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/08/01
各方面で豪放、かつ独自の解釈を聴かせ、通の間で話題の指揮者ヴェンツァーゴ。ここでは彼が最も得意とするシューマンの「ライン」のライヴ録音です。う~ん。この演奏もひたすら濃いです。第1楽章の冒頭から「流麗さ」がありません。滔々と流れるはずのライン川は、色々なところで停滞します。しかし、これが面白いんです。これを歌謡性というのかわかりませんが、とにかく聞いてて「おっ!」と叫びたくなることばかり。至るところ意味ありげで、常に「私を見よ」とばかりの強い自己主張がたまりません。1楽章を聴いただけでお腹一杯になる事必至。2楽章も冒頭から快感の波に揉まれます。そのまま最後までぜひどうぞ。満場の拍手で我に帰るのもいいものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。