ホーム > アルバム > ORC100057 プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(抜粋)/ショスタコーヴィチ:24の前奏曲(抜粋)(ヴィオラ編)(ヘルテンシュタイン/シュ・ペイジン/ワン・ペイヤオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ORC100057
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev
編曲者
ドミートリー・ミハイロヴィチ・ツィガーノフ Dmitri Mikhailovich Tsiganov , ヴァイト・ヘルテンシュタイン Veit Hertenstein , ワジム・ボリソフスキー Vadim Borisovsky
アーティスト
シュ・ペイジン Peijun Xu , ヴァイト・ヘルテンシュタイン Veit Hertenstein , ワン・ペイヤオ Pei-Yao Wang

プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(抜粋)/ショスタコーヴィチ:24の前奏曲(抜粋)(ヴィオラ編)(ヘルテンシュタイン/シュ・ペイジン/ワン・ペイヤオ)

PROKOFIEV, S.: Romeo and Juliet (excerpts) / SHOSTAKOVICH, D.: 24 Preludes (excerpts) (arr. for viola) (Hertenstein, Peijun Xu, Pei-Yao Wang)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ORC100057

全トラック選択/解除

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 Op. 64

Romeo and Juliet, Op. 64 (arr. V. Borisovsky for viola and piano)

録音: 2-4 October 2013, Ontmoetingscentrum, Schiermonnikoog, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4984003
**:**
»  Act I: Introduction
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: The Street awakens
2.

-

**:**
»  Act III Scene 8: Morning Serenade
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Juliet as a Young Girl
4.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Minuet: Arrival of the Guests
5.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Dance of the Knights
6.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Carnival
7.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Balcony Scene
8.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Mercutio
9.

-

**:**
»  Act III Scene 3: Dance with Mandolins
10.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Death of Mercutio
11.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Romeo at Friar Laurence's - Juliet at Friar Laurence's
12.

-

**:**
»  Act IV Epilogue: Death of Juliet
13.

-

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
24の前奏曲 Op. 34 (D. ツィガーノフ、V. ヘルテンシュタインによるヴィオラとピアノ編)(抜粋)

24 Preludes, Op. 34 (arr. D. Zyganow and V. Hertenstein for viola and piano) (excerpts)

録音: 2-4 October 2013, Ontmoetingscentrum, Schiermonnikoog, Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5021069
**:**
»  No. 10 in C-Sharp Minor
14.

-

**:**
»  No. 15 in D-Flat Major
15.

-

**:**
»  No. 16 in B-Flat Minor
16.

-

**:**
»  No. 24 in D Minor
17.

-

**:**
»  No. 2 in A Minor
18.

-

**:**
»  No. 6 in B Minor
19.

-

**:**
»  No. 12 in G-Sharp Minor
20.

-

**:**
»  No. 13 in F-Sharp Minor
21.

-

**:**
»  No. 17 in A-Flat Major
22.

-

**:**
»  No. 18 in F Minor
23.

-

**:**
»  No. 19 in E-Flat Major
24.

-

**:**
»  No. 21 in B-Flat Major
25.

-

**:**
»  No. 22 in G Minor
26.

-

**:**
»  No. 20 in C Minor
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/07/01
1987年ジュネーヴ生まれのフルーティスト、セバスチャン・ジャコー。彼は8歳でフルートを始め、イザベル・ジローに師事、15歳の時にはジュネーヴ高等音楽院に入学を受け入れられ、名手ジャック・ズーンの下で研究を続け、2010年に教育学とソリストのディプロマを得ています。その間に2002年と2004年にはスイスの青少年コンクールで第1位を獲得、2005年には「Jmanuel und Evamaria Schenk財団」から年間ソリスト賞を獲得しています。なんと言っても彼の知名度を上げたのは2013年の神戸国際フルート・コンクールで最優秀賞と観客賞を得たことであり、日本の聴衆にもソノ名前が広く知れ渡ったのです。その後は第5回カール・ニールセン国際フルート・コンクールでも第1位を獲得、そのカリスマ性と音楽性、技術力が高く評価されました。すでにアバドが指揮するマーラー室内管で演奏したり、ストックホルム放送交響楽団、フィンランド放送交響楽団などと共演、2008年のサイトウキネンでは首席を務め、また世界各国でリサイタル、マスタークラスを開催するなど、その将来が期待されている奏者です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。