ホーム > アルバム > ORC100078 グリエール/ラフマニノフ:チェロとピアノのための作品集(ボグダノヴィチ/ベロオウソヴァ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ORC100078
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
レインゴリト・グリエール Reinhold Glière , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
マリア・ベロオウソヴァ Maria Belooussova , マーヤ・ボグダノヴィチ Maja Bogdanovic

グリエール/ラフマニノフ:チェロとピアノのための作品集(ボグダノヴィチ/ベロオウソヴァ)

Cello and Piano Recital: Bogdanovic, Maja / Belooussova, Maria - GLIÈRE, R. / RACHMANINOV, S. (Eastern Wind)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ORC100078

全トラック選択/解除

レインゴリト・グリエール - Reinhold Glière (1875-1956)

**:**
12の小品 Op. 51

12 Pieces, Op. 51

録音: 1-3 May 2017, Studio Sequenza
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6241684
**:**
»  No. 1 in E Major: Con moto
1.

-

**:**
»  No. 2 in B-Flat Major: Commodo
2.

-

**:**
»  No. 3 in E Minor: Andantino
3.

-

**:**
»  No. 4 in F-Sharp Minor: Andante con moto
4.

-

**:**
»  No. 5 in A Major: Andantino poco animato
5.

-

**:**
»  No. 6 in D Minor: Allegretto
6.

-

**:**
»  No. 7 in G Major: Allegretto ma non troppo
7.

-

**:**
»  No. 8 in F-Sharp Minor: Affanato
8.

-

**:**
»  No. 9 in E-Flat Major: Cantabile
9.

-

**:**
»  No. 10 in B Minor: Con tristezza
10.

-

**:**
»  No. 11 in D Minor: Andante
11.

-

**:**
»  No. 12 in F Major: Animato
12.

-

 
**:**
バラード Op. 4
13.

Ballad, Op. 4

録音: 1-3 May 2017, Studio Sequenza
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6241685

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
チェロ・ソナタ ト短調 Op. 19

Cello Sonata in G Minor, Op. 19

録音: 1-3 May 2017, Studio Sequenza
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6241686
**:**
»  I. Lento - Allegro moderato
14.

-

**:**
»  II. Allegro scherzando
15.

-

**:**
»  III. Andante
16.

-

**:**
»  IV. Allegro mosso
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/01/01
セルビア=フランスのチェリスト、マヤ・ボグダノヴィチのリサイタル・アルバム。カーネギー・ホールでのリサイタルが "音色の美しさと優れた解釈による傑出したパフォーマンス"と大絶賛された彼女、このアルバムではラフマニノフとグリエールの作品を丁寧に演奏しています。シェーンベルクやアイヴズと同じ時代に生きながらも、その作品は後期ロマン派の領域から出ることのなかったグリエール、この2つの作品も少しだけオリエンタルな雰囲気を湛えながらも、ロシア風の重厚なロマンティシズムを湛えています。あまり耳にすることのないグリエール作品をじっくり聴かせる彼女の音楽性もさることながら、ピアノとチェロが同等の活躍をするラフマニノフのチェロ・ソナタでの白熱した楽器同志の対話も聴きどころです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。