ホーム > アルバム > ORC100144 リチャード・パンチェフ・エディション 1 - 合唱作品集(ロンドン・コーラル・シンフォニア/ウォルドロン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ORC100144
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
リチャード・パンチェフ Richard Pantcheff
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , スティーヴン・クレーン Stephen Crane , ジョン・ダン John Donne , J・M・ニール J.M. Neale , ブライアン・フォリー Brian Foley , 不詳 Anonymous , ヘンリー8世 Henry VIII (King of England),
アーティスト
シャーロット・アシュリー Charlotte Ashley , マイケル・ウォルドロン Michael Waldron , ジェレミー・コール Jeremy Cole , ニック・プリチャード Nick Pritchard , マシュー・フレッチャー Matthew Fletcher , ロンドン・コーラル・シンフォニア合唱団 London Choral Sinfonia, choir

リチャード・パンチェフ・エディション 1 - 合唱作品集(ロンドン・コーラル・シンフォニア/ウォルドロン)

PANTCHEFF, R.: Edition, Vol. 1 - Choral Music (London Choral Sinfonia, Waldron)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ORC100144

全トラック選択/解除

リチャード・パンチェフ - Richard Pantcheff

**:**
聖霊よ来たりたまえ
1.

Veni sancte spiritus, Op. 21 (version for choir and organ)

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531583
 
**:**
何を差し出せば?
2.

What Shall We Offer Thee?, Op. 26

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531651
 
**:**
夕べの讃美歌「アエデス・クリスティ」

Evening Canticles, Op. 37, "Aedes Christi"

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531652
**:**
»  Magnificat
3.

-

**:**
»  Nunc dimittis
4.

-

 
**:**
4 Poems of Stephen Crane, Op. 86

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531653
**:**
»  No. 1. A Man Went Before a Strange God
5.

-

**:**
»  No. 2. The Livid Lightnings Flashed in the Clouds
6.

-

**:**
»  No. 3. In Heaven
7.

-

**:**
»  No. 4. I Met a Seer
8.

-

 
**:**
ヘンリー8世の弁明文
9.

King Henry VIII's Apologia, Op. 35

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531654
 
**:**
星空の救世主
10.

Creator of the Starry Height, Op. 48

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531655
 
**:**
契約
11.

The Covenant, Op. 60

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531656
 
**:**
夕べの讃美歌「セント・ポールの礼拝」

Evening Canticles, Op. 53, "St. Paul's Service

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531657
**:**
»  Magnificat
12.

-

**:**
»  Nunc dimittis
13.

-

 
**:**
再びあなたの休息に
14.

Turn Again Then unto Thy Rest, Op. 8

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531658
 
**:**
慈悲の精霊
15.

2 Anthems for Upper Voices, Op. 33: No. 1. Spirit of Mercy

録音: 6-9 January 2015, St Mark’s Church, Regents Park, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8531659
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2020/07/01
英国の作曲家リチャード・パンチェフ。彼の合唱作品は英国宗教音楽の伝統を継承するものとして国際的に高い評価を得ています。彼はノース・ヨークシャーのリポン大聖堂の聖歌隊指揮者として活動を始めるとともに、ベンジャミン・ブリテンから作曲の指導を受け、その後、オックスフォード大学のクライスト・チャーチ・カレッジでサイモン・プレストンとフランシス・グレアに学び、卒業しています。彼の名を高めたのは、1996年に作曲された、オックスフォード大学クライスト・チャーチ合唱団の創立450年を記念の委嘱作「ヘンリー8世の弁明文」で、この作品は作曲家ピーター・マクスウェル・デイヴィスの生誕80周年記念の祝賀会でも演奏されました。2015年のこのアルバムは、彼の良き理解者であるマイケル・ウォルドロンと、ロンドン・コーラル・シンフォニアによる演奏を収録したもの。伝統に裏打ちされながらも、他の合唱作品とは一線を画す個性的なパンチェフの個性を、ウォルドロンは余すことなく表現しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。