ホーム > アルバム > ORC100155 コープランド/バーンスタイン/ロージャ:アメリカのクラリネット作品集(フィタースタイン/イギリス室内管/ホプキンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ORC100155
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
アーロン・コープランド Aaron Copland , レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein , ミクローシュ・ロージャ Miklós Rózsa
アーティスト
イギリス室内管弦楽団 English Chamber Orchestra , アレクサンダー・フィタースタイン Alexander Fiterstein , クリス・ホプキンス Chris Hopkins

コープランド/バーンスタイン/ロージャ:アメリカのクラリネット作品集(フィタースタイン/イギリス室内管/ホプキンス)

Clarinet Music (American) - COPLAND, A. / BERNSTEIN, L. / RÓZSA, M. (A Clarinet in America) (Fiterstein, English Chamber Orchestra, C. Hopkins)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/ORC100155

全トラック選択/解除

アーロン・コープランド - Aaron Copland (1900-1990)

**:**
クラリネット協奏曲

Clarinet Concerto

録音: 8 February 2019, Henry Wood Hall, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8416131
**:**
»  I. Slowly and expressively - Cadenza -
1.

-

**:**
»  II. Rather fast
2.

-

レナード・バーンスタイン - Leonard Bernstein (1918-1990)

**:**
クラリネット・ソナタ

Clarinet Sonata

録音: 17-18 January 2020, Wyastone Recording Studio, Monmouth
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8416132
**:**
»  I. Grazioso
3.

-

**:**
»  II. Andantino - Vivace e leggiero
4.

-

ミクローシュ・ロージャ - Miklós Rózsa (1907-1995)

**:**
クラリネット・ソナチネ Op. 27

Clarinet Sonatina, Op. 27

録音: 17-18 January 2020, Wyastone Recording Studio, Monmouth
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8416133
**:**
»  I. Theme and Variations
5.

-

**:**
»  II. Vivo e giocoso
6.

-

アーロン・コープランド - Aaron Copland (1900-1990)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ(クラリネットとピアノ編)

Violin Sonata (version for clarinet and piano)

録音: 17-18 January 2020, Wyastone Recording Studio, Monmouth
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8416134
**:**
»  I. Andante semplice - Allegro
7.

-

**:**
»  II. Lento
8.

-

**:**
»  III. Allegretto giusto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/01/01
クラリネットの哀愁を帯びた音色は、20世紀アメリカの作曲家たちにも愛好され、さまざまな作品が生まれました。1941年から42年にかけて作曲されたバーンスタインのソナタは、ラテンアメリカ音楽の影響が感じられる若き彼の出世作。映画音楽で知られるロージャのソナチネは2楽章形式、10分程度の短い作品。第1楽章の民謡風の主題は彼の故郷、ハンガリーの音楽に由来しています。第2楽章はダイナミックな展開と、クラリネットの超絶技巧に耳が惹きつけられます。そしてコープランドに強い影響を与えたのがジャズ、クラシックの両面で活躍した名奏者ベニー・グッドマン(1909-1986)です。彼の出現はコープランドの創作意欲をかきたて、ジャズのスタイルを巧みに取り入れた協奏曲やソナタが生まれました。このアルバムで見事な演奏を聴かせるのは、カール・ニールセン国際コンクールの優勝経験を持つベラルーシ出身のアレクサンダー・フィタースタイン。チャールズ・ナイディックらに師事。アメリカ、フランス、イスラエル、日本などの主要ホールで演奏し、ダニエル・バレンボイム、内田光子、リチャード・グード、エマニュエル・アックスらと共演している名手です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。